注目の記事 PICK UP!

髪が伸びるのが早い人、遅い人

よく会話の中でも髪が伸びが早いといった話題が上がりますが、
実は特別に髪の毛が早く伸びるということはありません。

毛髪は、だんだんとゆっくり生えていくもので、
人間の髪の毛が伸びるペースは、平均で1ヶ月で1cmほどと言われています。
ではなぜ、人によって髪が伸びるペースが違うのでしょうか?
実は、髪が早く伸びることはありませんが、遅くなってしまうということはあり得ます。
なぜ、髪が「正常に伸びる」場合と「遅くなってしまう」場合があるのでしょうか。

髪が伸びる早さ、遅さを理解するために知っておいて欲しいのが、「ヘアサイクル」。
ヘアサイクルとは、髪の成長サイクルのことで、

・成長期:髪の毛が成長し、伸び続ける期間
・退行期:髪の毛の成長が弱まり、停止に向かっていく時期
・休止期:髪の毛の成長が完全に停止し、抜け落ちていく時期

という3つの成長段階に分けられます。

「正常な」髪の毛は、このヘアサイクルの中で
36年ほどかけて長く太く伸びていきます。
完全に成長する髪の毛の割合が多いわけですから、
「髪の毛が正常に、健やかに伸びている」と感じるはずですね。

一方、伸びるのが「遅い」髪の毛は、このヘアサイクルの中で
十分な栄養が得られなかったり、そもそもヘアサイクルが乱れてしまったりして、
最後まで育ち切る前に抜けていってしまうんです。

完全に成長することなく抜けてしまう髪の毛の割合が多いと、
「髪の毛が伸びるのが遅い」と感じてしまうわけです。

では具体的に、髪の伸びが正常な人(ヘアサイクルが正常な人)と、
髪の伸びが遅い人
(ヘアサイクルが乱れる人)は何が違うのでしょうか?

:栄養補給

髪の毛は、18種類のアミノ酸で構成されているケラチンという
タンパク質でできており、タンパク質やビタミン、ミネラルを
摂取することで髪の成長をサポートをしてくれます。
摂取すれば髪が生えるという栄養素はありませんが、
バランスよくたくさんの栄養を摂ることは髪の成長にも重要です。
髪の毛の伸びが正常な方は、この栄養補給がしっかりできていると思われます。
伸びが遅いと感じたら、一度食生活を見直してみると良いでしょう。

:頭皮の血行

髪の成長のためにとバランスよく栄養をとっても、それだけではいけません。
頭皮へ栄養を届けるためには血液が必要となり、
頭皮に張り巡らされた毛細血管を通して髪の毛へ栄養を届けます。
髪の伸びが正常な方は、頭皮血行が良好で、髪にしっかり栄養を届けることが出来ています。
もしも頭皮の血行が悪いと、たくさんの栄養を補給していたとしても、
その配達が滞ってしまい、髪の毛の成長に支障が出ている可能性が出てしまいます。

:睡眠時間

ヒトは睡眠中は体の成長や修復を行いますが、髪の伸びにも深く関係しています。
髪の成長にはゴールデンタイム(2200200)があり、
この時間は成長ホルモンが活発に分泌されるので、睡眠をとるにはうってつけです。
睡眠時間を充分に確保し、ゴールデンタイムもしっかり休んでいる方は、
髪が正常に伸びていく傾向にあり、逆に睡眠時間をあまり確保できていないと
髪の伸びが遅れてしまう可能性があります。

社会人はゴールデンタイムに就寝につくのは
なかなか難しいかもしれませんが、
毎日寝不足がつづいている生活を送っている方は
髪の為にも改善した方が良さそうです。

関連記事

  1. 日本人に多い猫背。どんな影響が?改善方法は?

  2. 育毛とサプリメント

  3. 亜鉛,zinc,ハゲ

    亜鉛と毛髪の意外な関係

  4. アンチエイジングしたいなら控えるべき食べ物

  5. 抜け毛を増やさない正しいシャンプーとドライヤーの方法

  6. 朝食をとろう

  7. 飲む輸血?!育毛とビーツの関係について

  8. ストレスと脱毛の関係。やっぱり・・・

  9. 大いなる神秘“ミトコンドリア”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP