注目の記事 PICK UP!

  • AGA

AGA治療薬について

インターネットの普及のおかげで、
消費者が個人で商品を輸入する個人輸入は
現在ではごく一般的な購入方法となりました。

医療においてもそれは例外でなく、
治療薬などを個人輸入できるサイトも多数存在しています。

AGAの治療薬も様々なものが低コストで
購入できますが、同時に気をつけなければ
ならない注意点もあります。

今回はAGA治療薬の個人輸入についてご説明いたします。

AGA治療薬は個人輸入できるWebサイト
を利用すれば簡単に手に入れることが可能です。
購入の際に輸入業者が介入するため、
個人輸入は違法にもなりません。

個人輸入における最大のメリットといえば、
国内で医療機関にかかって薬の
処方を受けるよりも安く済む点です。
薬代と送料だけで、安価なAGA治療薬
を購入することができます。

費用は輸入業者によって異なりますが、
例えばプロペシア1ヶ月分なら、約4,000円で
購入することができるようです。

それだけを聞くと、診察料にお金をかけたくない方
にとっては一見お得な方法のようにみえますが、
当然そこにはリスクも発生します。

【個人輸入したAGA治療薬の使用は自己責任】

個人輸入をするうえでもっとも気を付けなければ
いけないのが、AGA治療薬の安全性です。

国内では、医師が患者の体調や
体質を考慮して治療薬を処方します。
その際もし重大な副作用のリスクがあるときは、
医師や薬剤師から必ず説明があります。
しかし、海外からAGA治療薬を個人輸入
した場合、副作用が発生しても
それは全て自己責任になります。

そのためご自身の体調や体質に合っているか、
自らが判断しなければいけません。

また「そのAGA治療薬が本物かどうか?」
という問題も出てきます。
個人輸入は、AGA治療薬を
入手する際の正規ルートではありません。
個人輸入したAGA治療薬を服用し、
すぐに効果が現れなかったとしても、
時間の経過とともに改善に向かっているのか、
それともその治療薬が偽物なのかを
判断することは、非常に困難でしょう。
また有効成分名がラベルに記載されて
いる場合でも、含有量が極端に少ない
商品の可能性もあります。

海外のAGA治療薬には、まだまだ多くの
リスクが存在します。ある薬などは、
錠剤をコーティングする材料に
「発がん性物質」が使用されていた例もあります。
表示以外の成分が混入しており、
それが身体に悪影響を及ぼす危険も0ではありません。
さらに「注文した商品と違うものが届いた」
などということすらも、個人輸入では
発生する恐れがあるのです。

それでも「国内で医師に処方してもらうより安い」
というメリットを重視するなら、
個人輸入は正当な方法です。
長期にわたって内服薬や外用薬を使用する場合、
毎月のコストを少しでも抑えたいと
考える方がいることも理解できます。
しかし、安く購入できるということは、
相応のリスクがあるということも忘れてはなりません。

「輸入業者」や「個人輸入できる薬」
の口コミから情報収集をする際も、十分注意してください。
個人輸入を利用する時は、発生するメリットと
リスクを天秤にかけた上で、自己責任のもと、
しっかりとリサーチしてから行うよう心がけましょう。

繰り返しになりますが、AGA治療薬は
医療機関で処方してもらうことが、もっとも
安心で確実な方法です。

関連記事

  1. EDと薄毛の関係

  2. 治療を支える学会や協会

  3. 薄毛治療の心構え4つの「P」とは?

  4. 緑茶と髪の毛のお話

  5. 性ホルモンが与える髪への影響

  6. フィナステリドとプロペシアは同じようで違う? 違うようで同じ???

  7. 『毛活(もうかつ)』のすすめ

  8. AGA遺伝子検査でわかる! AGAになるリスクとAGA治療薬の効果の良し悪し

  9. 二日酔いにご注意

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP