注目の記事 PICK UP!

緑茶と髪の毛のお話

日本人にとって、とても身近な飲み物である緑茶。
健康や美容に良いとも言われているこの緑茶ですが、
頭頂部や前頭部の薄毛の予防や改善にも役に立つという噂を耳にしたことが
ある方もいらっしゃるかと思います。

今回は、緑茶の薄毛予防や改善効果についてご説明いたします。

【緑茶のカテキンが抜け毛を防ぐ?】

緑茶に含まれる成分の中で体によいといわれている成分が「カテキン」です。
カテキンは5αリダクターゼという還元酵素の生成を抑制する働きがあるとされています。
5αリダクターゼは、男性ホルモンの一種であるテストステロンと結びつくことで、
AGA(男性型脱毛症)の大きな原因とされているジヒドロテストステロン(DHT)を作ります
しかしカテキンを摂取することで5αリダクターゼの生成をある程度抑制できるため、
薄毛の原因となるDHTの生成もある程度抑制できると考えられています。
またカテキンの中でもEGCg(エピガロカテキンガレート)という種類のカテキンには、
毛乳頭細胞を増殖させる作用があるという研究結果もあります。

このようなカテキンの効果が知られるようになり、最近では飲むだけでなくシャンプーに取り入れる方もいます。
シャンプーの後に直接緑茶を頭皮にかける洗髪方法で、カテキンが持つ5αリダクターゼの抑制効果だけでなく、
緑茶の殺菌効果で頭皮環境を清潔に保ちやすくなります。

【髪の毛に必要な栄養素の吸収率が上がる?】

他にも緑茶が薄毛改善に効果があると言われている理由として、
緑茶を飲むことで髪の毛の成長に必要な栄養素の吸収率が上がる
効果があるとされていることが挙げられます。
緑茶にはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
このビタミンやミネラルは、頭頂部や前頭部の髪の毛の成長に不可欠な
栄養素である亜鉛やたんぱく質を効率よく吸収させる働きがあると言われています。
緑茶を飲むことで、間接的に育毛に良い作用を与えることができると言えそうです。

【利尿作用に抜け毛を改善する効果?】

さらに緑茶には利尿作用があるとされています。
抜け毛の原因となるホルモンにジヒドロテストステロンというものがあるとお話ししましたが、
このジヒドロテストステロンは尿と一緒に排出されると言われています。
尿をたくさん排出することで、この抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンも体外に
排出することができますので、緑茶には抜け毛の改善や予防の効果があると言われています。

<まとめ >

緑茶はふだんの生活に取り入れやすく、健康にも役立つものなので、継続しやすい薄毛対策になるかもしれません。
しかし、緑茶を飲むだけで薄毛が治ったり、髪の毛が増えたりするわけではないので、過度な期待は禁物です。
また、緑茶に含まれるタンニンは髪の生成に重要な役割を担っている亜鉛と結びついて、
亜鉛の吸収率を抑制してしまいます
緑茶を飲むタイミングによっては育毛効果を減らしてしまう危険性があるので注意しましょう。

適度な運動や、栄養バランスのとれた食事、生活習慣の改善と合わせて取り入れると良いでしょう。

以上、AGAヘッドラインでした!

関連記事

  1. 治療を支える学会や協会

  2. フケについてのお話

  3. 貧血と薄毛の意外な相関関係?

  4. 血行不良による髪への影響とは?

  5. ヘアブラシ何を選んだらいい?

  6. 短髪にするだけで予防ができる!?

  7. とっても大切なヘアサイクルのはなし

  8. 抜け毛の大敵の季節、それは秋

  9. 最近髪が細くなった?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP