注目の記事 PICK UP!

  • AGA

薄毛治療の心構え4つの「P」とは?

AGA(男性型脱毛症)の症状に悩む方は少なくありません。

しかしここ10年ほどで広まったAGA治療も、改善事例が多くみられるようになりました。

今回は薄毛治療の心構え「4P」についてお伝えするのですが、その前にAGAが、どのような症状なのか説明しておきます。

AGAとは?

AGAは徐々に薄毛・ハゲへと進行していく症状を指し、Androgenetic Alopeciaを略したものです。

男性ホルモンの影響でヘアサイクルが大きく乱れ、生え際または頭頂部から髪の毛が抜けはじめます。

AGA対策のために見直したい3つの生活習慣!の記事でもご紹介しているように、男性ホルモン・テストステロンが酵素と結びつきジヒドロテストステロン(DHT)となり、これが毛母細胞の活動を止め、薄毛にしていくのです。

遺伝のほか不規則な生活習慣も原因となることがわかっているため、AGAは男性にとって決して他人ごとではありません。もし鏡の前で「薄くなった?」「後退している?」と感じたのであれば、要注意です。

薄毛に気づいたなら、なるべく早い段階でクリニックに等に相談されることをオススメします。

なぜなら

・日々、薄毛やハゲは進行していく

・薄毛進行は治療以外に止める方法がない

からです。

はじめるタイミングは1日でも早いほうがいいということになりますが、ただやみくもに治療を受けるのはナンセンスです。

必要な心構えを知っておけば、より効率よく、より有意義な薄毛治療が実現できるでしょう。

そこでAGAヘッドラインが推奨する薄毛治療に必要な心構え、大切な4Pをご紹介いたします。

正しい薄毛治療を行うべし Proven treatment

正しい薄毛治療は、

・AGA専門のクリニックに通う

・医師の指示に従い、薬を使用・服用

・定期的に通院する

ことで、まずは適切な治療・医学的根拠のある治療を受けることが大切です。

「クリニックに通うのは恥ずかしい」と、まずは市販品で薄毛改善ができればと思う方は少なくありません。
一部の育毛剤や育毛シャンプーは、ドラッグストアでも手軽に買え、発毛の実感を得られる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、しっかりと医学的根拠のある治療を提供しながら安心して治療を受けられることが必要だと考えます。

またネットで見かけるフィナステリドやミノキシジルタブレットの個人輸入サイトで海外から取り寄せて服用してみようかと考えている方もいらっしゃいますが、実はそれは危険が伴います。

一般の方では、それが正規品かどうかの確認もむずかしいうえ、万が一、健康被害に遭った場合も国からの救済を受けられないからです。

ウィルAGAクリニック宮内総院長が企業経営の新潮流を読み解くメディア『Bizコンパス』に間違いだらけの「薄毛(AGA)」治療について寄稿しています。
こちらもぜひ併せて読まれてみてください。

薄毛治療経過を「見える化」すべし take Pictures

次に定期的に写真を撮り、経過をみて、治療効果を「見える化」し、確認していくことが大事です。

見える化することは、実は治療のモチベーションを維持するのにとても役立ちます。

毎日、顔を洗うとき鏡を見ているのに、自分自身の見た目の変化にはなかなか気づきにくいのではと思います。

AGA治療は手術とはちがい、ビフォーとアフターがなかなか実感しにくいものです。

そのため写真に残して前後を比較していき、微妙な違いを確認していく必要があるのです。

AGA専門医も、患者の生え際、後頭部などを中心に記録として写真に残していきますが、それを見られるのは通院したときだけですし、定期的な写真のみとなります。

自分でいつでも確認できるよう、自宅で定期的に、撮影し記録していくことをオススメします。

薄毛改善の兆しが写真から見えてきたとき、大きな喜びと治療継続のモチベーションにつながるはずです。

薄毛治療は根気よく続けるべし be Patient

薄毛治療は結果が出るまでに時間がかかります。早い人で3カ月、通常6カ月といわれています。

どうして時間がかかるのかといえば、「初期脱毛」といって、プロペシアなどの副作用が出てくるからです。

これはマイナスなことではなく「薬効あり!」で、ヘアサイクルが乱れ成長しきれなかった細くて弱い髪の毛を一掃させ、新たに丈夫で健康な髪の毛を生やしていこうとするものです。

初期脱毛は治療開始後1~2カ月続き、そこから新しく生え変わっていきますので、やはり時間がかかります。

また薄毛治療は継続することが大切で、途中で投げ出すと進行が再開し、これまでの治療が水の泡になります。

一見、たとえ効果が見られなくても、実感が得られるまで根気強く続けることが重要です。

薄毛治療はよきパートナーを選ぶべし Partner

筋トレなど、きついトレーニングもパーソナルトレーナーがいるおかげでモチベーションが維持でき目標達成まで頑張れたりします。

薄毛治療も同じで

・医学的根拠があり安全で効果的な治療を提供してくれる

・困ったことがあったらいつでも相談にのってくれる

・根気よく続けられるよう励ましてくれる

そんなパートナー的存在がいると心強いですよね。

一人で悩まずに、まずは気軽に相談できるAGA専門医を探してみましょう。

薄毛治療をはじめるなら早いほうがいい(まとめ)

 

薄毛治療をはじめるタイミングは早ければ早いほど効果的です。

というのは、AGAは徐々に進行していくからです。

①Proven treatment

②take Pictures

③be Patient

④Partner

この4つのPを心がけ、よりよい薄毛治療を実現させましょう。

以上、AGAヘッドラインニュースでした!

関連記事

  1. 貧血と薄毛の意外な相関関係?

  2. EDと薄毛の関係

  3. 『毛活(もうかつ)』のすすめ

  4. 日本人男性で最も典型的なパターン「M字ハゲ」とは?

  5. フィナステリドとプロペシアは同じようで違う? 違うようで同じ???

  6. AGAになりやすい年齢と対策法

  7. 治療を支える学会や協会

  8. AGA治療薬

  9. 薄毛対策は何から始める?原因を知って早期対策を!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP