注目の記事 PICK UP!

  • AGA

性ホルモンが与える髪への影響

男性と女性で比較すると薄毛になりやすいのは男性というイメージが強いのではないでしょうか。
実際に街中を見回しても明らかに男性の方が比率が高いですよね。
なぜ男性は薄毛になりやすいのでしょうか?

実はこれ、男性ホルモンが大きく影響しているのです。
今回は、男性ホルモンが頭髪に与える影響や、薄毛になる原因と対策についてご説明いたします。

薄毛の原因について、正しく理解し対策を取りましょう

【性ホルモンの毛髪に与える特徴】

男性ホルモンと女性ホルモン、この2つの性ホルモンは、性別に関わらず誰もが両方を持っています
しかしそれぞれの性によってバランスが異なるため、
その違いが男性と女性における心身の特徴となってあらわれるのです。

女性の方がより多く体内で分泌される女性ホルモンには、髪を増やす作用があります
女性が薄毛になりづらいのは、その働きによるものと考えられます。
一方男性の体内で多く分泌される男性ホルモンには、
腕や脚など体毛を濃くする作用がありますが、実は頭髪の抜け毛を増やす役割もあるのです。

その原因として、「AGA(男性型脱毛症)」があります。
薄毛の悩みを抱える男性の多くがAGAを発症しており、
男性が薄毛になりやすい理由のひとつとなっています。

【男性ホルモンがもたらすAGAの原因】

AGAは、早ければ10代後半から発症するといわれています。
まず前額部のM字部分と頭頂部であるつむじに抜け毛が増え始め、
年齢を重ねるごとに緩やかに進行します。
そしていずれは、側頭部と後頭部以外の頭髪をほとんど失ってしまい、
薄毛となるケースが一般的です。

AGAの発症には、男性ホルモンが大きく関与しています。
男性ホルモンである「テストステロン」が、皮脂腺や毛乳頭に存在する
「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素と結びつくことにより「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化します。
このDHTがくせもので、体毛に作用した場合は毛の成長期が長くなるため体毛が濃くなるのですが、
前額部や頭頂部に作用すると髪の成長期を阻害する因子を増加させてしまうのです。
この因子によって正常なヘアサイクル(毛周期)が乱れると太く長い髪が育たなくなります。
短く細い柔らかな髪のまま抜け落ちていき、やがては薄毛となってしまうのです。

またAGAを発症する人とそうでない人では、遺伝子に違いがあるともいわれています。
原因と考えられる遺伝子には「DHTの感受性」に対する関与が指摘されています。
DHTの感受性が低い人は、DHTが発生してもヘアサイクルに異常が起こりづらいと考えられているのです。
これが薄毛は遺伝するといわれる所以です。

ただし薄毛になりやすい遺伝子を持っているからと行って、
必ず薄毛になるわけではないので、あくまで一つの要因と捉えておくのが良いでしょう。

【AGAには早めの治療が大事な理由】

AGAの自覚症状がある人の中には、まず自分の力でなんとか改善しようとされる人もいます。
しかし市販の育毛剤や育毛サプリメントには、
効果がでなかったり実感しにくかったりするものも含まれています。
また日本で認可されていない薬剤を個人輸入することは、
偽物や副作用の被害などのリスクを伴います

( 薬の個人輸入の危険性についてはこちらを合わせてご参照ください。 )
→「フィナステリドとプロペシアは同じようで違う? 違うようで同じ???

そこでおすすめなのが、「AGA専門クリニック」での治療です。
内服薬と外用液の処方を中心に、AGA治療を専門とした病院ならではの
効果的な治療を受けることができます。
さらにその治療は画一的なものではありません。
健康状態などをチェックすることで、その人に合った薄毛の治療を施してくれるのです。
しかし、すべてのケースで髪が生えるわけではありません。
それはヘアサイクルにも「寿命」があるからです。

髪が生まれてから抜け落ちるまでの期間を「ヘアサイクル(毛周期)」と呼びます。
このヘアサイクルは3つの期間で構成されていて、

・髪が太く長く伸びていく「成長期」
・毛母細胞が活動を停止する「退行期」
・毛根の細胞が再生して新たな髪が生まれるまでの「休止期」

に分けられます。
健康な成人の場合は成長期が2~4年程度ともっとも長く、退行期が1〜2週間程度、
休止期が数ヶ月程度となっています。
ヘアサイクルは、この3つの期間を合わせて約1000〜2000日かけて行われます。

一般的には生涯で15回程度繰り返されるといわれるヘアサイクルですが、
この周期には上限があります。
最後の周期を終えた毛包はいずれフケとなって抜け落ち、
そこから二度と髪が生えてくることはありません。
前述のように、AGAにはヘアサイクルを極端に短縮する作用があります
治療が遅くなるほどヘアサイクルは消費され、
生涯迎えるべき周期を大きく上回ってしまう恐れがあるのです。
つまり遺伝的要素により将来AGAになる可能性が高い方や、
すでに薄毛の兆候が見られる方は1日でも早く治療を始めることこそが、
薄毛を解消するキーであるといえます。

<まとめ >

今回は男性ホルモンの影響で起こる抜け毛についてご紹介しましたが、
薄毛を招く原因はそれだけではありません。
栄養バランスの偏り、睡眠不足、血行不良、喫煙、過度な飲酒など、
生活習慣の乱れも育毛に悪影響を及ぼすと考えられています。

過度な飲酒についてはこちらを合わせてご参照ください。 )
→「お酒とAGA(男性型脱毛症)の関係とは

つまり、遺伝的な要素を持ち合わせていない方であっても、
後天的な理由で薄毛になる可能性はゼロではありません

もし薄毛の自覚症状があらわれたら、生活習慣を見直すことはもちろん、
AGA専門クリニックで原因を明らかにしたうえで治療を受けることをおすすめします。

関連記事

  1. AGAに悩んでる人は推定1354万~1584万人

  2. 薄毛に悩んでいたら読むべき!21のQ&A

  3. 飲酒で薄毛になるって本当?

  4. フィナステリドとプロペシアは同じようで違う? 違うようで同じ???

  5. 遺伝とAGAの関係と予防について

  6. AGA(男性型脱毛症)の検査

  7. AGA遺伝子検査でわかる! AGAになるリスクとAGA治療薬の効果の良し悪し

  8. お酒とAGA(男性型脱毛症)の関係とは

  9. 薄毛対策は何から始める?原因を知って早期対策を!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP