注目の記事 PICK UP!

AGA対策のために見直したい3つの生活習慣!

こんにちは。AGAヘッドライン ニュースのお時間です。
今回は、生活習慣の見直しによって、AGA対策を行う方法を3つご紹介したいと思います。

世の中の多くの男性を悩ませている「抜け毛」による「薄毛」「ハゲ」ですが、抜け毛の大部分はAGA(男性型脱毛症)が原因とされています。
このAGAとは、男性ホルモンのテストステロンが酵素と結びつくことでジヒドロテストステロン(DHT)をつくりだし、このDHTの作用で毛母細胞の活性が低下し薄毛となった状態です

父親や母親からの遺伝で薄毛になるのは、この酵素(5α-リダクターゼ)の活性の高さが遺伝することと、DHTがホルモンを感知する器官(アンドロゲンレセプター)の感受性の高さが遺伝するためだと考えられています。

しかし一方で、身内に薄毛・ハゲの人がいないのに、自分がAGAになってしまっている…とお悩みの方もいらっしゃいますよね。
これは、不規則な生活習慣によってホルモンバランスが崩れ、薄毛につながってしまっているケースといえるかもしれません。

■睡眠習慣を見直す

前述の通り、AGA改善には、ホルモンバランスが深く関わっています。AGAを促進するストレスを軽減させるためにも、深い睡眠と十分な睡眠が重要となってくるのです。

特に、現代人にありがちな、眠りにつく瞬間までベッドの中でスマホをいじってしまう…というのはNGです。夜にスマホやPCの光を浴び続けていると、睡眠を誘うホルモンの分泌が抑制されるため、なかなか寝つけなかったり、睡眠障害をまねいたりする恐れがあります。そのため、就寝前はスマホを使用することを控えた方が良いでしょう。

■喫煙習慣を見直す

喫煙・タバコが薄毛の要因になる、というのはよく知られた事実です。というのも、喫煙することにより、身体にニコチンが入り込むことで、末梢血管が収縮します。末梢血管が収縮すると、血流の流れが悪くなります。

さらに、ニコチンを身体に入れることで、ニコチンは体の中のビタミンCが破壊される可能性があります。ビタミンは育毛にも重要な栄養素であるため、AGAにとって喫煙はよくないのです。

この二つから言えることは、どちらも髪を作るための栄養の運搬の役割をしるということです。この役割が阻害されることにより髪に悪影響を及ぼす可能性が増します。

そのため、AGA対策の観点から言えば、できるだけタバコは控えた方が良いと言えるでしょう

■食生活・飲酒習慣を見直す

髪は、皮膚や爪と同様に、あなたが食べたものによって作られています。そのため、しっかりと髪を作るための栄養素を摂取していなければ、育毛が促されないのも当然です。

AGA対策を行う上で、特に重要視したい栄養素は、「タンパク質」・「ビタミン」・「ミネラル」です。なかでも、注目したいのは「タンパク質」です。なぜなら、髪の毛はそのほとんどがケラチンというタンパク質の一種によって作られているためです。
タンパク質は中でも鶏ささみに多く含まれているため、できるだけささみを日々の料理に取り入れることがおすすめです。

また、過度な飲酒の習慣も、薄毛・抜け毛対策にはよくありません。アルコールを摂取すると、肝臓がアルコールを分解するために「ビタミン」「亜鉛」と言った髪を作るために必要な成分が失われてしまうのです。
さらに、アルコールによって、「栄養の吸収阻害」「栄養の消化」「栄養の排出」「栄養の供給不足」が引き起こされるため、飲み過ぎはAGA対策にはよくないということになります。

■まとめ:生活習慣を見直してAGA対策を!

 

AGAには遺伝の要素が大きいと言われているものの、生活習慣を見直すことで、良い育毛環境を作り出すことができます。

今回ご紹介した薄毛改善につながる3つの生活習慣の改善方法を取り入れて、早めの対策を図りましょう。

関連記事

  1. 睡眠と毛髪、適したベッドルームと試したいこと4つ

  2. 疲労のリアル、疲れを取る方法

  3. 薄毛対策は何から始める?原因を知って早期対策を!

  4. とっても大切なヘアサイクルのはなし

  5. 亜鉛,zinc,ハゲ

    亜鉛と毛髪の意外な関係

  6. 日本人に多い猫背。どんな影響が?改善方法は?

  7. お酒とAGA(男性型脱毛症)の関係とは

  8. 鶏肉は髪の毛にいい!?

  9. 薄毛を予防する生活習慣のポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP