注目の記事 PICK UP!

  • AGA

AGAに悩んでる人は推定1354万~1584万人

実際にAGAでお悩みですか? どのくらいの方がAGAなのか知りたいですか? AGA治療に踏み切れないでいますか?

今回は、実際にAGAで悩んでいる人数、AGA治療に踏み切れない理由をお伝えするほか、無理のないAGA治療法を提示します。

はじめにAGAで悩んでいる人の数を調べてみました。

またアデランスの調査で判明した日本の成人男性の薄毛率は26.78%で、

成人男性人口約5056万人×26.78%=約1354万人 となります。

ゆえに1354万~1584万人の男性が、薄毛となり悩んでいる計算になるのです。

なぜAGAで悩んでいるのか?

理由としては日本人の、薄毛・ハゲに対するネガティブなイメージが大きいと考えます。

実際はそうではなくても男性の多くは、薄毛・ハゲを(性的)魅力の減少ととらえがちです。

それは子供の頃から、ハゲはバカにされる、笑いものにされる、

女性にモテないという風潮をテレビやマンガなどで刷り込まれてきたのも原因といえます。

カツラや育毛剤の使用まで嘲笑のネタに用いられることもあり、

AGA治療も恥ずかしいことと考える男性は少なくないでしょう。

しかし恥ずかしいだけで治療に踏み切れないわけではありません。

AGA治療に踏み切れない理由はたくさんあります。詳しくは次章に譲ります。

AGA治療に踏み切れない理由

羞恥心、恥ずかしいという理由のほか、次のようなことが考えられます。

プライドが許さない

誰もが「まさか自分が薄毛、ハゲに?」と思っています。薄毛やハゲはカッコ悪い、育毛剤やAGAの診断を受けるなどありえないと考えています。

AGA治療について抵抗感を持つ男性は少なくありません。

値段、治療費が高い

AGA治療は自由診療です。そのため費用は割高となっています。

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン

2017年版によると、20 代の約10%,30代の20%,40代の30%,50代以降の

40数%の男性が薄毛を発症しているそうです。

これを今の男性人口であてはめますと、

20 代…643万人×10%=約64万人

30 代…752万人×20%=約150万人

40 代…952万人×30%=約286万人

50代以降…2709万人×40%=約1084万人

合計は約1584万人となります。

不安、投資や賭けのようなもの

必ず効果が出る治療なら誰もが安心して開始するでしょう。

しかしAGA治療は、効果が出るまで時間がかかり、必ずまた生えてくると約束されたものでもありません。

そのことを調べてわかっている方は、どうしても迷われます。

地域格差、都会と田舎のクリニック数の違い

2005年に厚生労働省がプロペシア(フィナステリド)をAGA治療薬として承認。

そこからAGA治療を行うクリニックが増えはじめました。

そのため一般の病院と比べ、まだまだ全国に浸透していません。

人口が多い都会では多く開院、人口が少ない田舎では1カ所あれば本当にいいほうで、1カ所もない地域もあるのが現状です。

薄毛やハゲに対する意識の違い

独身・彼女もいない方にとっては深刻な問題ですが、既婚者や彼女がいる方でパートナーが特段、

嫌がっていない、周囲も指摘してこないなら「治療は必要ない」と薄毛やハゲを受け入れてしまう場合もあります。

このようにプライドや費用の高さが邪魔し、AGA治療に踏み切れないとしたら、それは本当にもったいない話です。

なぜならAGA治療を無理なくはじめられる方法がいくつもあるからです。

無理なくAGA治療をはじめる方法6

これより6つの方法をご紹介いたします。

①育毛剤やサプリなど市販品から使いはじめる

いきなりAGA治療に入るのには抵抗があるという方、思ったほど予算を確保できない方、

最初は低いハードルから飛び越えてみるといいです。

市販品は比較的、費用をかけずにはじめられます。

近所の薬局やドラッグストアで買うのも恥ずかしい方は、ありがたいことに今では通販でも購入できますので存分に活用しましょう。

育毛剤やサプリを使っていくうちにAGA治療を本格的にはじめようかと思えるようになるはずです。

②クリニックの無料カウンセリングを活用する

クリニックのほとんどが無料でカウンセリングを実施しています。

医師自らが頭髪の状態を診て治療について説明するところもあれば、

看護師・スタッフが治療の案内だけをするところもあります。

ぜひ、お悩みの方はウィルAGAクリニック

で無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

③プライバシーに配慮したクリニックを選ぶ

・テナントビルの一角

・完全予約制

・個室でのカウンセリング

など、AGA治療に通っているのを悟られない、他の通院患者ともなるべく顔を合わせないでいいようプライバシーやプライドにも配慮しているクリニックもあります。

④テレビ電話によるカウンセリングや診療を活用する

クリニックがない地域に住んでいる方には、テレビ電話カウンセリング・診療を実施しているクリニックもあります。

⑤予算に合わせてクリニックと治療法を選ぶ

カウンセリングは無料で秘密厳守。他院と情報共有することはありません。ですから複数のクリニックでカウンセリングを受けることも可能です。

また内服薬と外用薬、内服薬のみ、ジェネリック活用、医療ローンの活用、などと治療プランを医師と相談しながらカスタマイズして治療開始。無知のない治療方法を選ぶことが可能です。

AGA治療は行動は行動が大切

AGAに悩む男性はたくさんいることがわかりました。

また治療に踏み切れないのには多くの理由があります。

しかしそれらは、5つの方法で解決できるものでした。

AGA治療は行動を起こさなければ何もはじまりません。

AGAは治療によって進行を止めることができます。改善も夢ではありません。

しかし悩んでいるうちは症状が進み続けます。

AGA改善のため、一歩前に踏み出してほしいです。

以上、AGAヘッドラインでした!

  • コメント: 0

関連記事

  1. とっても大切なヘアサイクルのはなし

  2. 男性更年期・LOH症候群と薄毛・ハゲの関係

  3. 薄毛治療の心構え4つの「P」とは?

  4. 加齢臭と薄毛の関係について

  5. 緑茶と髪の毛のお話

  6. 季節ごとの抜け毛の原因と対策について

  7. 遺伝とAGAの関係と予防について

  8. 薄毛対策は何から始める?原因を知って早期対策を!

  9. 性ホルモンが与える髪への影響

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP