注目の記事 PICK UP!

女性の薄毛、対策とヘアケアについて

薄毛,女性,産後

近年、FAGAと呼ばれ、頭部が薄くなる女性が増えています。これが女性男性型脱毛症という症状です。

女性の抜け毛は産後更年期に起こるといわれています。どうして産後、更年期なのでしょうか?

今回は、そのメカニズムと対策、効果的なヘアケアについても説明します。

なぜ産後の抜け毛が起こるのか

 

カンタンに答えると、ホルモンバランスが乱れるからです。

プロゲステロンとエストロゲンという2つの女性ホルモンがバランスを崩すことによって産後、
抜け毛が発生することがわかっています

まず女性は妊娠すると、胎児が成長しやすいようプロゲステロンを増加させます。
増加したプロゲステロンによってホルモンバランスが崩れ、
精神的に不安定になったり喜怒哀楽が激しくなったりします。

一方エストロゲンは、胎児の成長に合わせ子宮を大きくし、
母乳を出すための乳腺を発達させる役割を担っています。

これらは出産まで増え続け、出産したら急激に減少します。
これこそが産後の抜け毛のメカニズムです。
同時に肌トラブルなども現れることがあります。

また加齢による薄毛も、エストロゲンが関係しています。次章で詳しく述べます。

加齢とともに起こる薄毛と抜け毛について

年齢を重ね、髪の毛がパサつく、ゴワつく…

これはエストロゲンが減少したサインかもしれません。
エストロゲンは加齢とともに減少する運命にあります。
しかも止められません。
また更年期に入ったことも意味し、最終的に閉経を迎えることになります。

更年期に入ると不眠、食欲低下が起こりやすくなります。
これらは血行悪化や栄養不足を招き頭皮にもよくありません。
ヘアサイクルが乱れ、成長しきれない細い髪が増え、切れ毛、抜け毛が多くなるのです。

男性はAGAが進むと最終的にはツルツル状態になりえますが、
女性は全体的に薄毛になることがあってもツルツルになることは基本的にありません。
安心してください。

しかしながら女性にとって、髪は命ですからFAGAは避けたいものです。
そのための有効な対策、効果的なヘアケア方法について考察しました。

対策と効果的なヘアケアについて

女性の薄毛、有効な対策

対策としてはこちらが有効です。

・白髪は抜かない

・規則正しい食事

・ストレスを溜め込まない

白髪は抜かない

白髪は見かける度に抜いている…

率直にいいますと危険です。白髪を抜いても、同じ毛根からは再び白髪が生えます
また何度も抜いて毛根を傷つけてしまうと、毛髪が生えてこなくなります

まずは白髪を抜かないこと。これが最大の対策となります。

規則正しい生活

規則正しい生活。具体的にはこちらの3点を心がけることです。

・栄養豊富な食事

・適度な運動

・良質な睡眠

そうすることで頭皮によくない血行悪化を防げます
普段から髪の毛に栄養分をスムーズに送り込むよう自覚しておく必要があります。 

ストレスを溜め込まない

ストレスを溜め込むと、筋緊張、不眠などの症状が現れ血行が悪化します。
また食欲低下も招き頭皮・髪への栄養分が不足しがちになります。

ストレスを溜め込まないようにすることも、薄毛対策です。

最後に効果的なヘアケアについて、まとめます。

女性が実践すべきヘアケア

ヘアケアとしてはこちらが有効です。

・頭皮の状態に合わせる

・頭皮を洗う

・優しく乾かす

・適度に分け目も変える

頭皮の状態に合わせる

頭皮の状態は、皮脂が多い、皮脂が少ない(乾燥しやすい)、敏感肌など個人差があります。
今はヘアケア製品も頭皮の状態に合わせて使えるようつくられており、豊富です。

シャンプーひとつをとっても、石油系、石けん系、アミノ酸系に分かれています。

皮脂が多めの方は石油系や石けん系といった洗浄力が強めのものを、
皮脂が少ない、敏感肌の方はアミノ酸系で洗浄力がやさしいものを選ぶといいでしょう。

今では安心安全な無添加のものも販売されています。

オルナ オーガニック シャンプー 無添加 *1 ノンシリコン アミノ酸系洗浄 /トリートメント ヒアルロン酸 コラーゲン ビタミンC誘導体 *2 セラミド *3 配合 500ml&500ml

 

頭皮を洗う

シャンプーのときは、指を立てて頭皮を洗いましょう。
なぜなら頭皮をしっかりと洗わないと、皮脂が残り
それがかゆみやフケの原因となって頭皮に悪影響を及ぼすからです。

優しく乾かす

洗髪後、自然乾燥でドライヤーを使わないという方は頭皮の細菌繁殖に気を付けてください
これも頭皮のかゆみや炎症を引き起こすからです。

タオルで水分を拭き取ったあとは、なるべくドライヤーを使ったほうがいいです。
ただし毛髪は熱に弱いため、温風を至近距離から当てない、1カ所に集中して当てないことも肝要です。 

適度に分け目も変える

女性の場合、ロングヘアの重みやブラッシングの
やり方によっては分け目に負担がかかることがあります。
また紫外線が当たって、頭皮が硬くなり血行悪化、栄養が行き届かなくなることも

ずっと定位置でクセのついた分け目が薄くなってきたと感じたら、
少し位置を変えてみると、逆にボリュームのある髪型になることもあります。

こうしたヘアケアはホルモンバランスの乱れを止めることはできませんが、
頭皮の健康を維持してくれます。

頭皮が不健康な人と比べれば、薄毛になりはじめる時期を遅らせたり、
その程度を最小限に食い止めたりすることも可能でしょう。

まとめ

女性のFAGAは、産後や更年期(加齢)などホルモンバランスの乱れによって生じます
エストロゲンの減少は止められませんが、白髪を抜かない、規則正しい生活を送る、
頭皮の状態に合わせたヘアケアなどを行うことで、時期や程度を緩和することができるでしょう。

以上、AGAヘッドラインニュースでした!

関連記事

  1. タンパク質豊富!お肉は髪にいい!?

  2. 季節ごとの抜け毛の原因と対策

  3. 髪の毛に良い海藻5選

  4. アトピーと髪の毛の因果関係

  5. これはびっくり!髪の毛は1日に何本くらい抜ける?

  6. 髪に気を使う生活 休日編

  7. 「海草を食べると髪が元気になる」は本当?

  8. アンチエイジングしたいなら控えるべき食べ物

  9. 髪の毛にやさしいダイエットとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 7月 10日

おすすめ記事

PAGE TOP