注目の記事 PICK UP!

指のどこを使ってシャンプーしていますか?

 

「シャンプーのときに爪を立てて洗ってはいけない」
一度はこんな話を聞いたことがあるかもしれません。
たしかに、爪を立てて洗うと、頭皮を傷つけてしまうので、おすすめはできません。
しかし、指の腹を使って洗うのも毛髪にとってはあまりよくないんです。

それは、指の腹でこすることで、「新生毛」も一緒に引き抜いてしまうからです。
新生毛とは、まだ生えたばかりの細い毛のことで、これから育って太くなる前の毛のこと。
この新生毛はまだ頭皮にしっかりと根付いておらず、簡単に抜け落ちてしまいます。
シャンプーなどで繰り返し新生毛を引き抜いてしまうと育つ毛がなくなり、薄毛になってしまいます。

正しい洗い方は、指の腹ではなく、指頭とよばれる、ピアノやパソコンのキーボードを
押す部位でしっかりと頭皮にあてて洗うやり方です。
大事なポイントは、頭皮をこすって洗うのではなく、指をあてたまま頭皮ごと動かすように洗うことなんです。

関連記事

  1. 血行不良による髪への影響とは?

  2. 正月太り予防の方法

  3. パーマ、茶髪、金髪

  4. 髪の毛に良い海藻5選

  5. ビタミンの取り過ぎには気をつけて

  6. ヘアケア対策3つのポイント

  7. アボカドって「森のバター」と言われるくらい栄養価が高いけど、薄毛対策にも有効なの?

  8. フケについてのお話

  9. 抜け毛を増やさない正しいシャンプーとドライヤーの方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP