注目の記事 PICK UP!

抜け毛と帽子

日差しのつよい日には帽子は有効な手段ですよね。
今回は抜け毛と帽子の関係についてお話し致します。
帽子を被り日差しから頭を守ることは、熱中症対策として効果的です。

しかしその一方、蒸れやすく、薄毛でお悩みの方は頭皮環境の悪化に不安を感じてしまうかもしれませんね。

そもそもなぜ帽子を被るとハゲると考えられているのでしょうか?
おそらく大半の方は蒸れるから、とお答えになるとは思いますが、なぜ蒸れてしまうと良くないのでしょうか?

これは、蒸れることによって皮脂が多量に分泌され、この皮脂と高温多湿の環境によって菌が繁殖してしまうからなのです。

頭皮にはもともと「常在菌」という菌が数種類存在しており、それぞれのバランスが保たれた状態であれば紫外線やカビ、花粉などから肌や頭皮を守ってくれます。
しかし蒸れることで菌が過剰に増え、常在菌のバランスが崩れると、頭皮に様々な悪影響を与えることも。
帽子を脱いだ際に感じる頭の臭いや、長時間被り続けることで起こる頭皮の炎症などなどがまさにそれです。
常在菌は高温多湿を好むため、帽子の長時間着用による頭皮の温度、湿度の上昇は避けるよう心がけましょう。

常在菌のバランスを崩さないためにも、帽子の着用時は適度な間隔で帽子を脱ぐ汗をこまめに拭くなど、頭皮の蒸れすぎを防止する必要があります

抜け毛や薄毛が気になる場合には、少し、帽子の被り方に注意を払ってみましょう。

関連記事

  1. 薄毛を予防する生活習慣のポイント

  2. 緑茶と髪の毛のお話

  3. インド料理と髪の毛の関係

  4. 日本人男性の約3人に1人が薄毛に悩んでいる?

  5. あなたが使っているシャンプーの種類は?

  6. 『毛活(もうかつ)』のすすめ

  7. アンチエイジングしたいなら控えるべき食べ物

  8. 加齢臭と薄毛の関係について

  9. 季節ごとの抜け毛の原因と対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP