注目の記事 PICK UP!

薄毛を予防する生活習慣のポイント

薄毛は、本人も気が付かないうちに
いつのまにか進行してしまう場合があります。
「M字ハゲ」と呼ばれる薄毛症状の場合、
普段髪の毛がM字ラインを覆っていることから
気付くのが遅れ、なにげなく髪をかき上げた
ときに生え際の後退を発見し、
びっくりすることも少なくありません。

M字ハゲはAGA(男性型脱毛症)の
典型的な脱毛所見のひとつです。
AGAの原因には、遺伝的要素や
生活習慣の乱れなど、さまざまな報告があります。
またAGAの場合はいくら念入りに頭皮を
ケアしても男性ホルモンの影響によって
薄毛になることもあります。
原因に応じて適した治療や
改善をおこなうことが重要です。

今回は、M字ハゲをはじめとした
薄毛を予防する生活習慣の
ポイントについてご説明いたします。
薄毛にお悩みの方はもちろん、
「進行する前に予防したい!」
という方も、ぜひ参考にしてみてください。

【M字ハゲの原因はAGA?】

M字ハゲは、つむじハゲ(O字ハゲ)
同じく男性に多い薄毛症状です。
その理由は、薄毛に悩む多くの男性が
影響を受けている「AGA(男性型脱毛症)」
のメカニズムと関係があります。

AGAとは、男性ホルモンの一種である
「テストステロン」が、「5αリダクターゼ」
と呼ばれる酵素と結合することで
「DHT(ジヒドロテストステロン)」という
髪にとっては悪玉の男性ホルモンに変化し、
ヘアサイクルに悪影響を及ぼすことで発症します。
そして頭皮の中でもDHTの受け皿になる
男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)
が存在している場所が”前頭部”と”頭頂部”で
あることから、M字ハゲやつむじハゲが多くなるのです。

また、女性でもホルモンバランスの乱れなどが
原因で薄毛になることが考えられ、
その場合は「FAGA(女性男性型脱毛症)」
呼ばれることもあります。その症状は男性と異なり、
M字やつむじのように特定の場所が薄毛になる
というよりは、髪全体が薄毛になって
ボリュームが失われるという特徴があります。

ちなみに、AGAを発症する人とそうでない人
の違いは「5αリダクターゼの量」と
「DHTに対する感受性」にあるとされています。
このふたつには遺伝的要素も影響するため、
「ハゲは遺伝する」といわれるのです。
遺伝的要素をご自身でコントロールする
ことは困難ですが、薄毛を加速させる恐れが
ある生活習慣の乱れや血行不良は、
意識次第で改善することができます。

ではどのような生活習慣が薄毛に
悪影響を及ぼすのでしょうか?

【規則正しい食生活と睡眠時間】

仕事や学業などで多忙な日々を送っていると、
知らず知らずのうちに生活習慣は乱れてしまいがちです。
コンビニ弁当やスーパーのお惣菜中心の
食生活になったり、睡眠時間が削られたりなど、
よくある話ではないでしょうか。
しかし食事も睡眠も、人間が生命活動を
維持する上で決して疎かにしてはいけないものです。

もちろん髪にとっても、生活習慣の乱れは
悪い影響を及ぼす可能性があります。
栄養バランスが偏れば、髪の成長に必要な
たんぱく質やビタミン類が不足することで、
髪が育ちにくい環境になってしまいます。
また睡眠不足は、体の成長や回復を促す
働きを持った「成長ホルモン」の分泌に
悪影響を与え、髪や頭皮のダメージが
蓄積しやすくなる恐れがあります。
そのような状態が続けば、育毛剤やAGA治療薬を
使用しても、効果を十分に得ることは難しいでしょう。
その他にも、頭に整髪料や汚れがついたまま、
入浴せずに寝てしまうことも、
髪や頭皮に負担をかけてしまいます。

このように、生活習慣の乱れはAGAの
進行を助長することにもつながりかねません。

心身や髪の健康のためにも、徐々に正して
いけるよう意識して改善を目指しましょう。

【喫煙するとハゲる?】

血行不良は、薄毛を進行させてしまう
要因のひとつといわれています。
血行の悪化で育毛に必要な栄養素や
酸素が毛根に行き渡らなくなると、
髪の成長に悪影響を及ぼしてしまうのです。
医学的な根拠は薄いものの、
喫煙によるニコチンの摂取で血管が
収縮してしまうともいわれています。

さらに、喫煙で体内に入った有害物質を
除去するため、体内のビタミンCが
大量に消費される恐れもあります。
ビタミンCにはコラーゲンの生成や
鉄分の吸収をサポートする効果があるので、
肌の健康はもちろん、育毛状態にも悪影響
を及ぼす場合があります。

結論としては、喫煙したからといってすぐに
薄毛につながるということは考え難いですが、
長期間の喫煙が頭皮環境を悪化させ、
結果的に薄毛の症状を招く可能性は
十分にあるといえるでしょう。

ー まとめ 

生活習慣の乱れを見直すことは、
AGAの進行を抑制する効果が期待できます。
しかしすでに症状が進み、AGAの症状が
顕著になっている場合には、改善の実感を
得ることができない場合もあるでしょう。
本格的にAGAの抑制を目指すのであれば、
やはり専門の医療機関で治療を受けることがおすすめです。

関連記事

  1. ストレスと脱毛の関係。やっぱり・・・

  2. ヒゲについて、正しい剃り方

  3. 髪に気を使う生活 休日編

  4. 水って髪の毛にも大切なんです

  5. 最後に自分のつむじを見たのはいつですか?

  6. これは知っておきたい!睡眠と毛髪の関係

  7. ストレス、肩こり、首こり、頭皮こり

  8. 薄毛対策は何から始める?原因を知って早期対策を!

  9. ビタミンの過剰摂取には気をつけて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP