注目の記事 PICK UP!

朝と夜、髪にいい生活

朝早く起きて、午前中のうちに所用や仕事を終わらせようと動く方もいれば、深夜、午前0時以降も就寝することなく自分の時間を楽しむ方もいます。

多くの会社は朝9時~10時頃には始まりますので、多くの会社員が遅くともその2時間前には起床し身支度し、その1時間前には通勤するために家を出ることでしょう。

それは学校も同じで、日本では多くの人が、朝型の生活を送っていることになります。

しかし夜型の生活を送っている方も少なからずいるのは事実です。人にとって朝型、夜型のどちらが髪の毛に良いのでしょうか?

朝型生活のメリット

まずは周辺環境から考察していきますが、ここ数年の猛暑を考えると少なくとも夏のあいだは、日中よりも若干、気温が低い早朝に起きて行動したほうがよさそうです。

夏の朝は日の出も早く、早朝でも空は明るいため、外に出て散歩をしたり、有酸素運動をしたり、庭いじりをしても問題ないでしょう。

※有酸素運動については有酸素運動してますか?という記事でくわしく解説していますのでぜひ、こちらもご参照ください。

東京オリンピックへの取り組みとして実は時計の針を1時間進める、サマータイムの導入も議論されていましたが、国会への関連法案提出が間に合わず、断念しています。

サマータイム導入には疑問を呈していた方も少なくなく、日本学術会議の生物リズム分科会がサマータイムは、

・睡眠障害を起こすリスクがある
・急性心筋梗塞の発生率を高める

などとして、健康・科学面から問題が多く体内時計を狂わせると提言していました。

話を戻しますが精神科医の樺沢紫苑氏は、朝起きてから2~3時間は「脳のゴールデンタイム」と定義し、脳は整理されまっさらな状態で、仕事がもっとも効率よく進むとしています。

しかし朝起きると、しばらくは頭がボーッとしている、頭が働いていないようだと感じている方は

・前夜からカーテンを開けておく
・シャワーを浴びる
・朝日を浴び、目を見開く
・15分程度、散歩をする
・朝食をよく噛んで食べる

などの方法を試し、セロトニンを活性化させるといいそうです。

午前中の時間帯に仕事を集中して効率よく終わらせることができれば、午後も夜の時間帯も自分のやりたいことなどができ、有効活用できる可能性が大です。

・夏場は早朝、涼しく過ごせる
・仕事に集中でき効率よくものごとを片付けることができる
・午後や夜の時間帯を有効活用できる
ことが朝型生活のメリットといえます。

夜型生活のメリット

夜型生活を送るメリットはとくに冬場、享受でき日中、夜にかけて暖房を入れておいたおかげで、部屋は冷えきることなく深夜も比較的、あたたかく過ごすことができます。

また夜型生活の方は電気の契約を深夜割引にしておけば、暖房をつけっぱなしにしても電気料金が安くなりオトクです。

冬の朝の冷え込みは厳しいものですが、深夜に就寝する多くの方がおそらく、午前中いっぱいは布団に入って寝ているはずですので、カラダを冷やさずに済みます。

もちろん朝の冷え込みにより体調を崩したり、風邪をひいたりすることも少ないでしょう。

そして深夜なら、取引先や友人などから電話やメールが入ってくることもなく自分の時間をつくりやすいため、趣味や仕事、創作活動の時間が確保できやすいです。

一昔前なら深夜帯に放送されているテレビやラジオ番組がおもしろいといった理由で、夜型生活を好む方もいました。

・冬場、朝の冷え込みを体感することなくあたたかく過ごせる
・電気利用が主に深夜で料金がおトクになる
・自分の時間を確保しやすい

ことが夜型生活のメリットといえるでしょう。

朝型と夜型生活のメリットを見てきましたが、果たして髪の毛にいいのはどちらでしょうか?

髪の毛にいいのは朝夜どっち?

これは知っておきたい!睡眠と毛髪の関係でお伝えしているとおり、健やかな髪の毛を維持するために必要なのは、上質な睡眠です。

睡眠により成長ホルモンが活発に分泌されることがわかっていて、なかでも22時~2時はもっとも成長ホルモンが分泌されている時間帯、ゴールデンタイムといわれています。

そのため夜は、できるだけ早めに就寝したほうがよく、成長ホルモン分泌を最大限に満たしたいのであれば、やはり22時就寝が理想といえます。

就寝前に

・飲酒
・食事
・スマホ
・パソコン

をしない、また睡眠と毛髪、適したベッドルームと試したいこと4つでもお伝えしているとおり

・カーテンや寝具は落ち着いた色にする
・照明は赤色系にする
・ストレッチ

を実践すると上質な睡眠を確保でき、キレイな髪の毛を維持できそうです。

まとめ

髪の毛にいいのは朝型中心の生活で、AGAヘッドラインでも早寝早起きを推奨すべきという結果となりました。

ただし夜型生活をスグにやめてほしいとは考えておらず、大切なのは自分が生活しやすいかどうかですので、今の生活が快適ならムリに変える必要はありません。

ただし、

・十分な睡眠時間を確保する
・ストレスを抱え込まない
・栄養バランスがとれた食生活

だけは、実践するようにしたいものです。

以上、AGAヘッドラインニュースでした!

関連記事

  1. 短髪にするだけで予防ができる!?

  2. 最後に自分のつむじを見たのはいつですか?

  3. 髪の毛の空洞化って何?

  4. 白髪になるメカニズムとは?

  5. 髪型が決まらない問題の対処法

  6. 髪に気を使う生活 休日編

  7. AGAになりやすい年齢と対策法

  8. 血行不良による髪への影響とは?

  9. 育毛剤の5つのタイプ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP