注目の記事 PICK UP!

パーマ、茶髪、金髪

今はどちらかといえばヘアワックスで整えるような髪型が流行していますが、時代によって様々なヘアスタイルが流行しました。

これまでパンチパーマ茶髪ツイストパーマ外ハネパーマなどが大流行し、この先またパーマや茶髪が流行することもあるかもしれません。

「若いときによくパーマをあてていたから髪の毛が今の状態になった」

「ブリーチやヘアカラーをやりすぎていなかったら、まだボリュームがあったと思う」

と嘆くの方が身近にいませんか?

しかし本当にパーマをあてただけで、ブリーチやヘアカラーをしていただけで男性の髪の毛はダメージを受けてしまうのでしょうか?

パーマの特徴

パーマをあてることで自然とボリュームが出るだけではなく、通常の髪の毛の直線が曲線となり軽くなった印象も演出してくれます。

そんなパーマですが、つくりだすためには時間も費用もかかります。

実際、美容師がパーマを施術するときの標準的な手順は、次のとおりです。

1.カウンセリング
2.シャンプー
3.ヘアカット
4.トリートメント(前処理)
5.パーマ1剤塗布
6.ワインディング(ロッド巻き)
7.放置または加湿
8.ウエーブテスト(パーマがかかっているかどうかの確認)
9.中間水洗
10.中間処理(ケラチン・コラーゲン塗布)
11.パーマ2剤塗布
12.ロッドアウト
13.水洗
14.後処理
15.仕上げ

今ではそのほかデジタルパーマといって、発熱したロッドに髪を巻き込んでかけるホットパーマも登場していますが、デジタルパーマのほうが若干、施術に時間がかかります。

次は1990年代後半から2000年代前半に大流行し誰もが取り入れていた、茶髪や金髪についてです。

その演出の立役者でもあるブリーチやヘアカラーについて、その特徴や注意点などを解説していきます。

ブリーチやヘアカラーの特徴

金髪を演出、ブリーチについて

ブリーチは、髪の毛の色素を混合液で落とすものです。

もちろん美容院で施術してくれますが、ブリーチ剤はドラッグストアやホームセンターなどで販売されており、市販品を使ったことがある方も多いでしょう。

ブリーチ剤を一旦髪の毛に塗布してしまうと、時間経過に比例して色素を強力に落としてしまうため、茶髪にする予定だったのにたった数分、長めに放置しただけで金髪になることもありえます。

逆に色素が落ちすぎるのをおそれ、塗布したブリーチ液を早めに洗い流してしまうと、想定していた色とはかけ離れた暗い仕上がりになったり、ブリーチ前と変わらない仕上がりになったりします。

ブリーチは、塗布したときの室温やもともとの髪の毛の色などによって仕上がりが異なり、前回と同じ時間放置したのに、友人と一緒に施術を受けたのに、仕上がりがちがうということはふつうにあるのです。

それだけブリーチは色の調整や仕上げがむずかしいといえます。

茶髪、ヘアカラーについて

ヘアカラーもブリーチと同様、ドラッグストアやホームセンターなどで市販されています。

30代を超えたあたりから男性も「白髪染め」を使う方もいらっしゃると思いますが、白髪染めもヘアカラーの一種です。

ヘアカラーは1剤と2剤を混合することで、1剤の酸化染料が発色し、カラーリングが実現します。

混合液を髪に塗ると、1剤に入っているアルカリ剤が髪のキューティクルを開き、混合液が髪内部に浸透します。

髪内部で発色した酸化染料の分子がくっつくように広がっていき、次第に開いたキューティクルから酸化染料分子が出られなくなり色が定着していくのです。

パーマや茶髪・金髪は善か悪か

これまでAGAヘッドラインニュースを定期的にお読みいただいている方ならもうお気づきのことと思われますが、AGA(男性型脱毛症)はパーマやブリーチ、ヘアカラーが直接的な原因になるとは言えません。しかし、薄毛の進行を助長することにつながってしまう可能性はあるようです。

AGAは男性ホルモンのテストステロンが酵素(5α-リダクターゼ)と結びつくことでジヒドロテストステロン(DHT)をつくりだします。

このDHTの作用で毛母細胞の活性が低下することがAGAの原因となっています。

パーマやブリーチ、ヘアカラーは決して悪ではありませんが、高頻度のパーマ、行き過ぎたブリーチ・ヘアカラーで髪の毛が傷むことはあるかもしれません。

ヘアカラーに至っては今では、天然由来成分でできた無添加のカラーシャンプーなどが販売されていますので、これらを活用するのもいいでしょう。

以上、AGAヘッドラインニュースでした!

 

 

関連記事

  1. 薄毛対策は何から始める?原因を知って早期対策を!

  2. 髪の毛の空洞化って何?

  3. 血行不良による髪への影響とは?

  4. 抜け毛の大敵の季節、それは秋

  5. 季節ごとの抜け毛の原因と対策

  6. プロポリスってご存知ですか?

  7. [女性必見!] むくみをとることで薄毛予防?

  8. 髪の毛に良い海藻5選

  9. アンチエイジングしたいなら控えるべき食べ物

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP