注目の記事 PICK UP!

短髪にするだけで予防ができる!?

薄毛予防や薄毛対策というと、育毛剤や生活習慣の改善など、手間や負担のかかるものが多いと思っていませんか?

でも、実は短髪にするだけで薄毛の予防ができるんです!
今回は、髪の長さと薄毛の原因をご説明いたします。

結論から申し上げますと、薄毛予防には短髪がおすすめです。
では、なぜ短髪だと薄毛予防に繋がるのでしょうか?

その理由を見ていきましょう。

【毛根への負担が少ない】

短髪は、髪に比べて髪の毛が軽くなるので、毛根にかかる負担が少なくなります。

また短髪は長髪よりも、髪の毛が絡まりにくくもなります。
そのため、無理やり髪の毛をほぐす必要がなく抜け毛が増えること心配がありません。

髪の毛を引っ張って抜いてしまうと、それが炎症の原因となり、頭皮環境に悪影響を及ぼす可能性もあります。。

【頭皮を清潔に保つことができる】

短髪だと頭皮を清潔に保つこともできます。

髪の毛が長いと、整髪料がうまく洗い流せなかったり、シャンプーやリンスが頭皮に残ってしまうことがあります。
その点、短髪は整髪料の洗い残し、シャンプーやリンスのすすぎ残しが少なくなり、頭皮を清潔に保つことができるのです。

また、短髪だと長髪よりも頭皮に雑菌が繁殖しづらいので、より良い頭皮環境を維持できます。

つまり裏を返すと長髪には以下のようなデメリットが言えます。

【髪の重みで常に毛根が引っ張られている】

髪の毛が長いと髪の毛そのものが重たくなります。
その重みにより、髪の毛根は常に引っ張られている状態になるため、毛根への負担も少なくありません。

一時的であれば大きな問題にはなりませんが、長年積み重なると無視できない薄毛の要因になるといえるでしょう。

【髪を結ぶことで負担がかかる】

髪の毛を結ぶことで、髪が本来の生え方に逆らう状態になる箇所ができますよね。
それが、頭皮への負担になるのです。

一時的なら問題ありませんが、長時間結びっぱなしだったり、毎日結んでいることで頭皮への負担はどんどん増していくことになります。
これが続くことで、頭皮への負担により髪の毛に栄養が行き届かなくなり、薄毛になるといわれています。

他にも、皮脂や汗が洗い流されにくく雑菌が繁殖する髪が絡まって髪の毛を抜いてしまう、など頭皮環境に悪影響を及ぼす可能性が高まってしまいます。

上記のように、薄毛予防には、頭皮や毛根にいかに負担をかけないかが重要です

そのため、毛根び負担がかからず、頭皮を清潔に保つことのできる短髪が、薄毛予防に適した髪型だということが言えます。

短髪でも、かっこよくおしゃれな髪型はたくさんあるので、お悩みの方は参考にしてみてください!

関連記事

  1. AGAになりやすい年齢と対策法

  2. 遺伝とAGAの関係と予防について

  3. セルフマッサージで頭皮こりを改善!、髪にも良い?

  4. パーマ、茶髪、金髪

  5. 緑茶と髪の毛のお話

  6. 酸性雨

  7. 鶏肉は髪の毛にいい!?

  8. 髪に気を使う生活 休日編

  9. 薄毛,女性,産後

    女性の薄毛、対策とヘアケアについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP