注目の記事 PICK UP!

あなたが使っているシャンプーの種類は?

私たちが何気なく毎日行っているシャンプー&ドライですが、正しい方法で実践できているのでしょうか?今回はシャンプーの種類と特徴、正しいシャンプー方法、正しい髪の乾かし方などをお伝えいたします。

シャンプーの種類と特徴

私たちが使用している市販品として出回っているシャンプーを分類したとき、

・高級アルコール系シャンプー

・石けん(石鹸)系シャンプー

・アミノ酸系シャンプー

の3つに分けられます。

高級アルコール系シャンプー

市販品の多くが、この種類であり、もともとは石油系シャンプーともいわれていました。

泡立ちがとてもよいのが大きな特徴ですが、頭皮への刺激が強いのが弱点です。

石けん系シャンプー

石けん系シャンプーの大きな特徴は添加物が少なく、環境にやさしいところです。

頭皮への刺激は高級アルコール系シャンプーに比べると弱めですが、洗浄力と皮脂を洗い流す力はどちらかといえば強めで、皮脂多めの方にオススメしたいシャンプーではあります。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーの大きな特徴は弱酸性で、頭皮への刺激はほとんどないことです。

肌が敏感な方にオススメしたいシャンプーですが、ある程度の洗浄力を期待できないのが弱点です。

またシリコン成分の有無で、

・シリコンシャンプー

・ノンシリコンシャンプー

にも分けることができます。

シリコンシャンプー

シリコンシャンプーはダメージを受けた髪の毛を補修するはたらきがあり、髪の毛をしっとりと保湿しますので、束ねたようにまとまった仕上がりが期待できます。

ノンシリコンシャンプー

一方でノンシリコンシャンプーは、これまで髪をコーティングしてきたシリコン成分を洗い落とし、髪の毛をありのままの素の状態にしてくれるといわれています。

シリコン成分が剥がれ落ちた分、軽やかになり、ボリュームが生まれ、ふわっとした仕上がりが期待できます。

このように自分の頭皮や髪の状態、希望する髪の仕上がりによってシャンプーは選べるわけです。

シャンプーの種類についてお伝えしたところで、今度は正しいシャンプー方法をご紹介します。

とっても大切なヘアサイクルのはなしでもお伝えしていたように、

・頭皮を洗う

・適度にすすぐ

・ドライヤーで乾かす

ことが大事なのですが、ここでもっと詳しく説明したいと思います。

正しいシャンプー方法

 

頭皮を洗うときに爪を立てない

「シャンプーをするときに爪を立ててはいけない」と一度は聞いたことがあるかもしれませんが、爪を立てて洗うと頭皮を傷つけますので、やはりオススメできません。

 

指の腹ではなく指の頭で洗う

シャンプーやコンディショナーの容器などには「指の腹」と書かれている場合もありますが、指の腹を使って洗うのもいいとはいえません。

なぜなら指の腹でこするときに、新生毛(生えはじめたばかりの細い髪の毛)を引き抜く可能性があるからです。

指の頭は、エレベーターのボタンを押すのに使う指の部分といえばわかりやすいでしょう。

こすらずもみ洗い

こするとやはり新生毛が抜けやすくなりますので、指の頭を頭皮に当て丁寧にマッサージをするようにもみ洗いすることが肝要です。

 

ところでシャンプーのあとにやるべきなのは、リンスやコンディショナーなのでしょうか、それともトリートメントなのでしょうか?

リンス、コンディショナー、トリートメントの違い

 

花王のホームページでは、リンスとコンディショナーは髪の表面をなめらかに仕上げ、キューティクルダメージの予防、パサつきにくくしてくれるものである旨、記載されています。

トリートメントはリンス・コンディショナー機能も兼ね備えていて、髪内部に成分を浸透させ、ケア、補修、質感コントロールしてくれるものだそうです。

メーカーや製品によりさまざまなようですので、パッケージや容器にある説明書きをよく読み、自分に合ったものを選びたいものです。

正しい髪の乾かし方

 

タオルドライのちドライヤー

シャンプー後の水気はキューティクルを開き剥がれやすくするほか、頭皮の常在菌を繁殖させやすくします。

そのため自然乾燥は避け、まずは素早くタオルドライを行ってから速やかにドライヤーで乾かすことが大事です。

ドライヤーの熱で頭皮や髪の毛にダメージを与えることもありますので、くれぐれも長時間、至近距離から熱風を当てないようにしましょう。

冷風で仕上げ

ドライヤーの終盤あたりに温風のほか冷風を当てるとキューティクルが閉じ、ツヤも出るといわれています。

自分に合ったシャンプーで正しく洗う(まとめ)

シャンプーには、

・高級アルコール系シャンプー

・石けん系シャンプー

・アミノ酸系シャンプー

の3種類があることがわかりました。
自分の頭皮や髪の状態、希望する髪に仕上げられるシャンプーを選んだら、こすらずに指の頭でマッサージをするようにもみ洗いしましょう。

以上、AGAヘッドラインニュースでした!

関連記事

  1. 自己治療のメリット・デメリット

  2. インド料理と髪の毛の関係

  3. 指のどこを使ってシャンプーしていますか?

  4. プロポリスってご存知ですか?

  5. えっ、知らなかった!朝に洗髪をする人が注意するべきこと

  6. 抜け毛と帽子

  7. 髪にやさしい・育毛に良い植物10選

  8. 髪に気を使う生活 休日編

  9. 注目の成分「アデノシン」をご存知ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP