注目の記事 PICK UP!

育毛剤の5つのタイプ

AGAに悩む人にとって育毛剤は、ドラッグストアなどで
購入できるという手軽さゆえに、気軽に試してみたくなる商品かもしれません。
しかし育毛剤にはさまざまな種類があり、含まれている成分も異なるため、
種類や成分を理解して選ぶ必要があります。
また、市販や通販の育毛剤は使用すれば全ての人が必ず発毛を
実感できる保証があるわけではありません。
しかし、きちんと自分の症状を理解した上で使用する育毛剤を選べば、
効果を得れる可能性はあると思います。
育毛剤には大きくわけて5つの種類があり、
自分の頭皮や髪の毛の症状に合わせて選ぶ必要があります。

【男性ホルモン抑制タイプ】
男性の薄毛のほとんどが男性型脱毛症(AGA)です。
この症状は男性ホルモンの影響が大きな原因とされています。

抜け毛の原因になる男性ホルモンの分泌を抑えることで
男性型脱毛症
(AGA)の予防・改善に効果が期待できます。
「フィナステリド」や「ヒオウギエキス」などの有効成分は、
男性ホルモンを生成する
5αリダクターゼの働きを抑える効果が期待できます。

【毛母細胞活性タイプ】
髪の毛は毛母細胞が分裂することで成長します。
髪の毛が健康的に成長するためには、亜鉛やビタミンなどの
栄養素が不可欠となります。髪の毛が細くなっている方は、
髪の毛に十分な栄養が行き渡っていない可能性があります。

この種類の育毛剤は、「パントテニルエチルエーテル」や
「ペンタデカン酸グリセリド」などの有効成分が配合されています。

【血行促進タイプ】
頭皮の血流が悪いと髪の毛に酸素や栄養が行き渡らず、
毛根の働きは弱まってしまい、抜け毛や薄毛の原因に繋がってしまいます。
このタイプの育毛剤は毛細血管を拡張することで血液の循環をよくし、
栄養素が頭皮の届きやすくなる効果が期待できます。

頭皮の血行を促進する代表的な有効成分として「ミノキシジル」が注目されています。

【栄養補給タイプ】
健康な髪の毛の成長にも栄養素が必要不可欠です。
発毛に必要な栄養素は内からではなく外から補給するのがこのタイプの特徴。
髪の毛の成長に必要な栄養素を補うことで発毛を促す効果が期待されます。

【皮脂分泌抑制タイプ】
健康な頭皮にはある程度の皮脂は必要ですが、シャンプーのし過ぎや
生活習慣の乱れなどから皮脂の過剰分泌が起こると、髪の健康に影響を与えてしまいます。

皮脂の分泌を抑制する成分にはいくつか種類があり、
「ドクダミエキス」や「イソフラボン」などが代表格です。
育毛剤の成分表で配合量をきちんと確認してみてください。

このように様々種類育毛剤があります。
しっかりとご自身頭皮環境理解して育毛剤びましょう!

関連記事

  1. 「海草を食べると髪が元気になる」は本当?

  2. 鶏肉は髪の毛にいい!?

  3. 抜け毛と帽子

  4. 良質なたんぱく質、アミノ酸スコアが優秀な食べ物12選

  5. 「白髪を抜くと白髪が増える」は本当?迷信?

  6. 血行不良による髪への影響とは?

  7. 薄毛が始まるシグナルってあるの?

  8. 髪の毛の空洞化って何?

  9. インド料理と髪の毛の関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP