注目の記事 PICK UP!

機能性表示食品をご存知ですか?

朝昼晩と1日3回の食事をするようになっている私たちが、生きていくうえで欠かせない食品…

もちろん何気なく毎日のように足を運ぶコンビニエンスストアやスーパーマーケットで食品は手に入れられるのですが、売り場には一般食品のほか、

・特定保健用食品(トクホ)
・栄養機能食品

そして

・機能性表示食品

も多数、並んでいるのをご存知ですか?

今回は、機能性表示食品とは何たるかも含め、ご紹介していきます。

機能性表示食品とは?

機能性表示食品とはカラダや健康に一定の効能があると、科学的根拠に基づいて説明もしくは証明されている食品で、2015年4月に保健機能食品の仲間に加わりました。

機能性表示食品は事業者が安全性、機能性についての根拠となる情報を前もって消費者庁長官へ届け出るだけでその旨を表示できるものです。

私たち消費者は、そのおかげで「カラダのどこに、どのような恩恵を受けられるのか」がわかるだけではなく、商品を選びやすいというメリットも享受できます。

ただし前述したとおり「届け出るだけ」となっていますので、国側は審査を行いません。ですから国からお墨付きをいただいたものであると、誤解しないようにしたいものです。

冒頭部で列挙した一般食品、特定保健用食品、栄養機能食品との違いについても説明しておきます。

機能性表示食品と一般食品では、一般食品は機能性が表示できません

機能性表示食品と特定保健用食品(トクホ)は同じ保健機能食品ですが、トクホは食品ごとに国が審査を行い、消費者庁長官が許可を出しています。

機能性表示食品と栄養機能食品も同じ保健機能食品ですが、栄養機能食品は科学的根拠が確認された栄養成分を一定基準含んだ食品で届出なしで表示可能です。

 

一般食品

表示などは一切なし

特定保健用食品(トクホ)

国が審査、消費者庁長官が許可後、表示

栄養機能食品

基準を満たせば届出なしで表示できる

機能性表示食品

消費者庁長官へ届け出てはじめて表示可能

機能性表示食品がどのようなもので、ほかの食品とどう違うかも理解できたところで、次章では機能性表示食品にはどのようなものがあるのかを、お伝えしていきます。

どのようなものがある?

消費者庁のデータベースにおける食品の区分では、

・加工食品(サプリメント形状含む)
・生鮮食品

に分類されていますので、加工食品や生鮮食品の機能性表示食品が存在するということがわかります。

意外にも冷凍野菜のなかに機能性表示食品があり、はじめて認められたのが「宮崎育ちのほうれんそう」です。

「宮崎育ちのほうれんそう」の届出食品の科学的根拠等に関する基本情報(一般消費者向け)によると、

“本品にはルテインが含まれています。ルテインは、光による刺激から目を保護するとされる網膜(黄斑部)色素を増加させる旨、報告されています。”

と書かれています。

そのほか、

・内臓脂肪に効果的な黒酢
・皮下脂肪などに効果的な青汁
・血糖値に効果的なお茶
・整腸効果のあるヨーグルト
・β-クリプトキサンチンを含むみかん

などさまざまな食品が認められています。

このように商品に特定の成分を含んでいる旨や、効果や成分が表示されていると私たち消費者にとってはわかりやすく、買いやすいですね。

では、頭皮や髪の毛に関連した機能性表示食品はあるのでしょうか?

頭髪関連機能性表示食品はゼロ

消費者庁のガイドラインでは、健康の維持及び増進の範囲を超えた、意図的な健康の増強を標榜する表現は認められておらず、そのなかに「皮膚、爪、髪が丈夫で美しくなる」が例示されています。

残念ながら皮膚、爪、髪が丈夫で美しくなることをうたった機能性表示食品はないということです。

しかしながら一般論として頭髪によいとされている代表的な成分としては、過去AGAヘッドラインでもご紹介している、

コラーゲン

たんぱく質

ビタミン類

があり、コラーゲンは髪のツヤやハリをよくしてくれますし、たんぱく質は上質のアミノ酸を含み、髪の毛の主要成分であるケラチンを合成してくれます。

ビタミンA、C、Eは血行をよくし抜け毛を防いでくれますし、またビタミンBは頭皮の新陳代謝を促進してくれます。

ビタミン類は残念ながら除外されていますが、コラーゲン、たんぱく質(アミノ酸、ペプチド)を含む機能性表示食品は多数あるのです。

またそのほかにも薄毛の原因となりうるホルモンバランスの乱れを整えるといわれている、イソフラボンを含む機能性表示食品(効能は骨の健康)もあります。

髪の毛にいいとされる成分はまだまだたくさんありますので、深堀していくと多数の機能性表示食品と出会えそうです。

まとめ

残念ながら機能性表示食品の届出情報検索で、髪の毛や頭皮について直接的な機能性をうたった食品はありませんでした。

しかし間接的に機能性をうたっている食品はたくさんありますので、これらのなかから自分に合ったものがあれば試してみると良いのではないでしょうか。

以上、AGAヘッドラインニュースでした!

関連記事

  1. アンチエイジングしたいなら控えるべき食べ物

  2. 正月太り予防の方法

  3. 亜鉛,zinc,ハゲ

    亜鉛と毛髪の意外な関係

  4. 育毛とサプリメント

  5. 気軽にできるスポーツ

  6. 抜け毛を増やさない正しいシャンプーとドライヤーの方法

  7. ビタミンの取り過ぎには気をつけて

  8. 蕎麦の栄養素がスゴイ!

  9. 季節ごとの抜け毛の原因と対策について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP