注目の記事 PICK UP!

健康診断、受けていますか?

会社に属さず自営業やフリーランスなどとして、活動している人も多いことでしょう。

とくに働き盛りの方は、多忙な生活に慣れてしまっていて、からだがSOSを出していてもそれに気づけない、気づいていたとしても放置してしまいがちです。

・普段、食生活に気をつけているから
・適度な運動やトレーニングをしているから

といわれる方もいるかもしれませんが、たとえそうであったとしても誰もが例外なく、健康な生活を一瞬で奪われてしまうおそれがあります。

からだのSOSに気づける、病気を発見できる健康診断は、食生活や適度な運動、トレーニングと同じくらい大事なことなのです。

健康を損ね病気になると栄養不足や体力低下などから、髪の毛や頭皮に何らかの影響を及ぼすことも十分あり得ます。

そこで今回は、健康診断のことについてお伝えしていきます。

健康診断でわかること、その基礎知識など基本的なことをまとめることにしました。

健康診断でわかること

健康診断では血液、血圧、脂質、肝機能、代謝系、尿、腎機能、呼吸系、心機能、肺、胃、大腸、眼底などの検査を行います。

これらの検査のおかげで高血圧、脂質異常症、糖尿病、肝臓疾患、腎臓疾患が見つかりやすいのです。

健康診断で気にかけるべき箇所

私たちはまずBMI値が標準値の22もしくは近似値となっているか(メタボリックシンドロームの基準値25になっていないか)を知るべきです。

またそのほか血圧測定値、尿酸値、コレステロール値、γ―GTP値を気にかけるといいでしょう。

尿酸は腎臓から排泄されるもので、血中に多くなると関節や腎臓に結晶が沈着し痛風や腎障害の原因になりえます。

コレステロールには善玉と悪玉があり、善玉が少ないとき、悪玉が多すぎるときいずれも動脈硬化の原因になりえるとされています。

γ―GTP値はアルコールや薬の影響を受けやすく、その増加は肝臓・胆道に障害があることを意味するといわれているため、気にかけるべきです。

健康診断の基礎知識

健康診断には以下の種類があります。

・一般健診

・付加健診

・乳がん・子宮頸がん検診

・子宮頸がん検診(単独受診)

・肝炎ウイルス検査

一般健診とは今回の記事のテーマでもある年1回の定期健診のことを指しています。

尿や血液を採取しての検査、胸や胃などを診るためのレントゲン検査など約30項目の全般的な検査を行い、そのあと医師による診察という流れです。

具体的にはまず、問診票にて現在の健康状態や生活習慣(飲酒、喫煙の習慣など)について申告します。

次に身長や体重、ウエストなどを計測し、肥満度の指標であるBMI値も割り出し、そのほか血圧測定、各種検査を受け、最後に診察を受けます。

付加検診は当該年度に40歳または50歳の方が受けられるもので、一般健診に加えさらに検査項目を増やし病気の早期発見をしやすくします。

肝炎ウイルス検査は、B型肝炎ウイルス、肝硬変・肝がんを進行させるC型肝炎ウイルスへの感染の有無を調べる任意検査です。

これは国の緊急対策として、今まで肝炎検査を受けたことのない方を対象としています。

これは会社ではなく本人の希望(申込み)があってはじめて、検査が実施されているのですが、申し込むためには次の条件のいずれかに該当する必要があります。

・一般健診受診者で35歳以上  
・一般健診受診者で広範な外科的処置を受けたことがある
・妊娠もしくは分娩時に多量出血した経験がある
・一般健診受診者で結果、GPT値が36U/l以上あった

健康診断は会社で受けるもの

今現在、正社員として会社に属している方は、会社が労働安全衛生法で定期健診の実施が義務付けられているため、会社の管理下で健康診断を受けているはずです。

そのため会社員の場合は、年に一度必ず、経営者や総務部、所属する部署の上長から健康診断のアナウンスを受け、指定日時に指定医療機関に行くよう指示を受けます。

大手企業になれば別に会場が用意されたり、検診車が会社や職場まで出張してきたりすることもあるでしょう。

健康診断は国保でも受けられる

特定検診といいますが、40歳以上74歳以下の方でお住まいの自治体の国民健康保険に加入していれば特定健診や特定保健指導を受けることができるはずです。

特定検診では会社の健康診断と同様、問診、診察、身体計測、血圧測定、血液検査、尿検査、心電図、眼底検査、胸部レントゲン検査をしてもらえます。

特定保健指導は糖尿病や高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病を予防するため、医師と一緒にこれまでの生活習慣を振り返り、医師が今後の改善に向けたアドバイスをしてくれます。

詳細はお住まいの自治体に確認、お問い合わせをされてください。

健康診断は定期的に

AGAヘッドラインは、会社員の方だけではなく、自営業者、フリーランス、フリーター、アルバイト、転職活動中の方に、最低、年に一度は定期的な健康診断の受診を強くオススメしたいです。

「ここ一年そういえば、健康診断を受けていない」という方は、これを機に健康診断を受けられてみませんか?

以上、AGAヘッドラインニュースでした!

 

関連記事

  1. 汗をかく理由、メカニズム、メリットとデメリット

  2. アボカドって「森のバター」と言われるくらい栄養価が高いけど、薄毛対策にも有効なの?

  3. ストレス、肩こり、首こり、頭皮こり

  4. 指のどこを使ってシャンプーしていますか?

  5. アンチエイジングしたいなら控えるべき食べ物

  6. 睡眠の質を改善しよう

  7. タバコと髪の毛の関係

  8. 良質なたんぱく質、アミノ酸スコアが優秀な食べ物12選

  9. 姿勢の悪さにご用心

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP