注目の記事 PICK UP!

日本人に多い猫背。どんな影響が?改善方法は?

日本人は20代の6割以上が猫背を
自覚しているといわれており、
自覚していない人もあわせると
7割以上と考えられているようです。

姿勢の良し悪しが薄毛の原因とは
断定はできませんが、
全く無関係ともいえません。
今回は、姿勢と髪の毛の関係、
日々の生活で行える姿勢の
正し方をご紹介します。

【血流の低下が招く薄毛の危険性】

猫背が薄毛の可能性に繋がる
もっとも大きな要因は血流の低下です。
頭皮の毛細血管に、栄養や酸素を含んだ
血液がしっかりと運ばれなければ、健康的な
髪が育ちにくい頭皮環境になってしまします。

代謝機能も乱れるため、体内に不要となった
老廃物や疲労物質が溜まり、
首や肩のこりの原因となります。
首や肩のこりが慢性化してくると、
首筋や周辺の血流がさらに悪化し、
血液が通わない頭皮の毛細血管は
次第に機能しなくなくなっていきます。
温かい血液が届かなくなると、頭皮が
冷え細胞の活性が弱りさらに薄毛が
進む条件が整ってしまうと言えます。

【ストレスに弱くなり髪が成長する睡眠に悪影響】

ハーバード大学が男性を対象に実施した研究によると、
姿勢の良い人は「テストステロン」が高い傾向にあり、
ストレスホルモンである「コルチゾール」が低くなる
逆に、猫背の人はテストステロンが低くなり、
コルチゾールが高いという結果が出ました。

テストステロンはストレスの耐性を高める
働きもあるため、猫背でいるとストレスに
弱くなるという見方ができます。

ただでさえ、抜け毛や薄毛の悩みを
抱えているとストレスがたまるため、
ストレスに弱くなることで、育毛に
重要な睡眠にも悪い影響を与えてしまいます。

髪は睡眠中に分泌される成長ホルモン
により、その成長がうながされています。
ストレス耐性が低いと、浅い睡眠になって
しまい結果的に成長ホルモンが減り、
髪の成長が阻害される危険性が出てきます。

【猫背を矯正する方法】

血行不良を起こさないためにも、
なるべくよい姿勢へと矯正しましょう。
姿勢を正すためには一時的なエクササイズよりも、
日常的に姿勢に対して注意を払う方が効果的です。

普段の歩き方を意識するだけでも、
少しずつ猫背の改善ができます。
「姿勢を意識する」と言葉通りに捉えると
少し難しくなるので、
「歩き方のイメージ」をお伝えします。

頭のてっぺんのつむじ辺りから一本の糸が
出ていて、その糸を空の上から誰かに
引っ張られている姿をイメージしてください。
すると頭頂部が自然と上を向きやすくなり、
力まずにアゴが引かれ、自然と姿勢が
よくなるイメージがわいてくるでしょう。
下腹部にも少し力を入れ、腰が反らないように
意識し歩くことで、猫背の改善にも繋がっていきます。

日頃から綺麗な姿勢のイメージを持ち、
「背筋を伸ばす」「あごを引き、重心の位置を定める」
「お腹に力を入れて腰を反らさない」などの
歩き方を思い浮かべてください。
徐々に自然と猫背が矯正されていくでしょう。

ー まとめ ー

姿勢と血流には深い関係があり、
血流と育毛にも深い関係があります。
姿勢と育毛は直接的な影響関係になくても、
間接的には健康の維持という面で
繋がっている部分もあるといえるでしょう。

猫背の方は今回ご紹介した方法などを試し、
ご自身の姿勢の矯正に努め
てみてはいかがでしょうか。少なくとも
常に正しい姿勢を意識して生活するだけでも、
育毛に限定せず身体の健康に対して
よい作用を期待できると思います。

関連記事

  1. 汗をかく理由、メカニズム、メリットとデメリット

  2. キウイに注目!

  3. 睡眠と毛髪、適したベッドルームと試したいこと4つ

  4. 薄毛を予防する生活習慣のポイント

  5. 熱中症にご用心

  6. 春における育毛対策

  7. 朝食をとろう

  8. タバコと髪の毛の関係

  9. これは知っておきたい!睡眠と毛髪の関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP