注目の記事 PICK UP!

ストレスをためるな!

「ストレスが溜まるとハゲる」
という話しを耳にしたことがある方は
多いと思いますが、なぜストレスと
薄毛に関連性があるといわれているのでしょうか? 

今回はストレスと薄毛の関係についてです。

【ストレスの種類】

ストレスは、気圧の変化や紫外線など
体に直接加わる「物理的ストレス」と、
職場の人間関係や身近な人との別れなどの
心に加わる「精神的ストレス」に分かれています。
ここでは薄毛に関係するといわれる
「精神的ストレス」についていたします。

人が精神的ストレスを感じる主な場面
・人間関係

職場や学校、プライベート問わず人間関係
がうまくいかない場合、人はストレスを
感じやすくなるといわれています。

 ・家庭問題

 家事や育児にストレスを感じる方
 も少なくありません。また、家庭内の
 人間関係等に加えて家庭特有の介護問題や
 冠婚葬祭、さらには子どもの受験などの
 大きなイベントも、少なからず
 ストレスの原因となるでしょう。

 ・仕事

 仕事内容が自分に合っていない、
 毎日ノルマや納期に追われている、
 残業が多い、やりがいを感じられないなど、
 仕事がストレスに直結するケースは多々あります。
 また、人は忙しい場合だけでなく、
 暇を弄ぶ際にもストレスを感じること
 が多くあるといわれています。

 ・不規則な生活

 不規則な生活をして不摂生な状態が続くと、
 身も心も十分に休まらず、自律神経が乱れて
 ストレスを感じやすくなってしまいます。
 睡眠中に分泌される成長ホルモンには
 疲労回復を促す効果があるとされていますが、
 不規則な生活によりその分泌が滞り、
 無意識に疲労とストレスを溜める恐れがあります。

 ・経済的な問題

 家や車のローン、借金など、経済的なプレッシャー
 も現代社会においてストレスを感じる
 代表的な原因のひとつだといわれています。

 ・元々の性格

 完璧主義や短気、生真面目といった性格の人は、
 他の人に比べてストレスを感じやすい
 傾向があるとされています。まったく同じ状況でも、
 ストレスを感じる人と感じない人がいるのはこのためです。

【ストレスによる体内の変化】

前述のような理由により過度のストレスを感じると、
「コルチゾール」と呼ばれる物質が、体内で増えていきます。
ストレスを感じることで副腎皮質から分泌される
ホルモンの一種で、タンパク代謝や
脂質代謝に関与するなど、生命の維持に
欠かせない存在といわれています。
しかし過度なストレスの負荷により
コルチゾールが過剰に分泌されると、
免疫機能が低下し、糖尿病や心筋梗塞と
いったリスクが高まってしまいます。

一方で、コルチゾールには炎症を抑える
強力な働きもあります。そのため医薬品
として扱われる事もあり、ステロイド系の
治療薬の中には、コルチゾールの炎症を抑える
働きを活用したものも。
薬品の成分表記では主に「ヒドロコルチゾン」
として記載されています。

【ストレスが薄毛につながる主な要因】

ストレスと薄毛の関係性ですが、ストレスには
育毛を妨げる可能性が高いと考えられる
悪影響がいくつかあります。

・血行不良により毛母細胞まで栄養が届きにくくなる
健康な頭皮や育毛環境は、毛乳頭周辺の
細胞組織である毛母細胞に栄養が
行き届くことにより保たれています。
しかしストレスを感じることにより、
体内の血液循環を調整している自律神経が乱れ、
血流が悪化。その結果、毛母細胞まで
栄養が届きにくく可能性があるのです。

・内臓機能の低下により正常な育毛が妨げられる
髪の毛の健康状態を保つには、万全な頭皮環境の
維持だけでなく、体全体の健康状態も
良好に保つ必要があります。
しかしストレスなどが原因で起こる自律神経の乱れは、
血行不良だけでなく内臓機能も低下させる恐れがあるのです。
内臓機能が低下すると正常な体の働きが鈍ってしまうため、
育毛にも悪影響を及ぼす可能性があるといえるでしょう。

・ホルモンバランスが乱れる
過度のストレスを感じて自律神経が乱れると、
ホルモンバランスも乱れやすくなるといわれています。
特に女性の場合、ストレスやホルモンバランスの乱れが
薄毛や抜け毛の直接的な原因となる可能性もあります。

・アドレナリンにより活性酸素が増加する
ストレスを感じた時や運動時など、交感神経が
優位な状況になると分泌されるアドレナリン。
実は、体内の老化を助長する活性酸素を
増加させるといわれています。活性酸素は
体内の機能を低下させ体を衰退させる恐れがあるため、
正常な育毛を妨げるリスクがあるのです。

ー まとめ ー

過度のストレスは精神面や体調面だけでなく、
髪の毛に対しても悪影響を及ぼす可能性が高くなります。
抜け毛や胃痛、情緒不安定など、何らかの
ストレス症状が出てしまってからでは
治療も手遅れになりかねません。
ストレスが溜まっている自覚のある人は、
早くその状況が改善できるよう、
まずは日常生活を見直してみましょう。

関連記事

  1. 髪型が決まらない問題の対処法

  2. 季節ごとの抜け毛の原因と対策について

  3. アンチエイジングしたいなら控えるべき食べ物

  4. アボカドって「森のバター」と言われるくらい栄養価が高いけど、薄毛対策にも有効なの?

  5. 睡眠の質を改善しよう

  6. 髪の毛に良い海藻5選

  7. 玄米ってすごい!

  8. 有酸素運動してますか?

  9. 睡眠と毛髪、適したベッドルームと試したいこと4つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP