注目の記事 PICK UP!

タバコと髪の毛の関係

昨今の禁煙推奨の影響で喫煙者は年々減少しているようですね。
しかし、世間が禁煙ブームとなっていても、タバコを愛してやまないのが愛煙家というものです。
タバコが体に害を及ぼす原因になるということは、喫煙者の多くの方々が理解していることでしょう。しかし、タバコに含まれるニコチンが薄毛につながる可能性があることをご存知の方は、それほど多くないのではないでしょうか。

タバコに含まれるニコチンは人体に様々な悪影響を及しますが、考えられる影響の中には抜け毛や薄毛につながるといわれるものがあり、そのうちのひとつが”ビタミンCを破壊してしまう”可能性についてです。

ビタミンCが破壊されると、血行を正常に保つ役割を持った「ビタミンE」の吸収率が低下してしまいます。
すると血行状態に影響が出て頭皮に十分な栄養が行き渡らず、結果として薄毛を招く恐れがあるのです。
その他にも、ニコチンには末梢血管を収縮する作用があり、血管が収縮することで末梢への血流が低下しまうと、同じく頭皮に栄養が行き渡りづらくなってしまいます。

ビタミンCを破壊してしまうかもしれないことと合わせて、タバコは血行状態に悪影響を及ぼすことにより、薄毛や抜け毛を招く恐れがあるといえるでしょう。

さらに、薄毛にはその要因の一つにストレスも挙げられますが、人はビタミンが不足すると、疲労感や倦怠感をおぼえます。なんとなくスッキリしない、やる気が出ないという状況はストレスを生み、それによって喫煙の頻度が増える……という悪循環が発生してしまう恐れがあるのです。

このように、タバコとストレスによる負のスパイラルに一度陥ってしまうと、抜け出すことが難しくなってしまいます。
ストレスは育毛にとって大敵のひとつであり、ストレスが慢性化することで自律神経が乱れ、血行不良を招く恐れがあります。

長年喫煙が習慣化してしまうと、一人で禁煙をすることが非常に困難となります。
もし禁煙の意思をお持ちの方は、禁煙外来に行ってみると良いかも知れません。

関連記事

  1. 亜鉛のサプリメント

  2. アンチエイジングしたいなら控えるべき食べ物

  3. ビタミンの取り過ぎには気をつけて

  4. 『LOVE理論』について

  5. 髪にいい食材でお鍋はいかが?

  6. 気軽にできるスポーツ

  7. 運動をしよう!

  8. ストレスと脱毛の関係。やっぱり・・・

  9. 髪が伸びるのが早い人、遅い人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP