注目の記事 PICK UP!

亜鉛のサプリメント

AGAヘッドラインでも度々発毛に重要な栄養素として亜鉛を取り上げていますが、ただ実は亜鉛のサプリメントを飲むだけでは高い効果は望めません。
また、気をつけなくてはならない亜鉛と相性の悪い成分や摂取量もあります。

今回は亜鉛を摂る際の注意点をお伝えしたいと思います。

そもそも亜鉛はどうして発毛に効くといわれるのか、まずはその理由をご説明します。

【ケラチン合成に必要不可欠】

髪の毛は「ケラチン」というたんぱく質でできていて、このケラチンは何種類ものアミノ酸が結合しあうことで生成されます。この結合を手伝うのが「亜鉛」です。亜鉛が不足するとこのケラチンの働きが悪くなり、抜け毛や薄毛の原因になる可能性があります。

【5αリダクターゼの分泌を抑制する】

成人男性によく見られる薄毛=AGA(男性型脱毛症)の原因は、頭皮に存在する酵素である「5αリダクターゼ」と男性ホルモン「テストステロン」が結びつくことで生成される「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる男性ホルモンの影響だといわれています。DHTが過剰に生成されると脱毛因子が増え、髪の毛の成長サイクルが早まることで薄毛に繋がってしまうのです。亜鉛は、DHTの元となる5αリダクターゼを抑制する働きがあるといわれています。

これらの理由により、亜鉛は薄毛の改善に効果があるといわれています。

しかし、ここで憶えておきたい注意点があります。
まず、亜鉛はもともと吸収しにくい栄養素です。
亜鉛と同時に摂取することで、効率的に亜鉛を吸収することができる栄養素があります。

それは、、
クエン酸ビタミンCです。

クエン酸には、亜鉛のようなミネラルを包み込み、体内に吸収しやすくする作用があり、ビタミンCにはクエン酸の吸収作用をさらに上げる効果があると言われており、これらの栄養素を一緒に摂取することで効率的に亜鉛の吸収をサポートしてくれます。

そして憶えて頂きたい注意点がもう一つ。
吸収をサポートしてくれる栄養素があれば、阻害してしまう相性の悪い栄養素もあるのです。
それは、『カルシウム』、『食物繊維』、『食品添加物』です。

【カルシウム】

適度な量の場合は問題ありませんが、過剰に摂取した場合には、亜鉛の吸収を悪くしてしまいます。

【食物繊維】

食物繊維はもともと亜鉛などのミネラルと、結合してしまう性質があります。一緒に摂取すると体に吸収されず、そのまま体の外に出てしまいます。特に穀物や海草は亜鉛の吸収を妨げるといわれています。

【食品添加物】

ポリリン酸・フィチン酸をはじめとする食品添加物も、亜鉛の働きを抑えてしまいます。食品添加物はインスタント食品やコンビニ食品に入っていることが多く、意識しないうちに摂取してしまっていることも多いです。普段からインスタント食品を食べている人は気をつけたほうが良いでしょう。

これらは効果を落としてしまう為、亜鉛を摂取した際は控えた方が良いと言えます。

最後にもう一点。
亜鉛は摂取しすぎると健康を害する可能性があることから、上限量として成人男性は約45㎎、成人女性では約35㎎と定められています。過剰に摂取すると「急性亜鉛中毒」に陥る可能性があります。「急性亜鉛中毒」の症状としては、吐き気、発熱、頭痛、下痢、腎臓障害などがあり、大変危険です。亜鉛不足を恐れるあまり過剰摂取にならないよう、バランスよく摂取することをくれぐれも心がけてください。

亜鉛を上手に摂取し、あなたの毛活に役立てましょう^ ^

関連記事

  1. ストレス、肩こり、首こり、頭皮こり

  2. 髪型が決まらない問題の対処法

  3. タバコと髪の毛の関係

  4. 機能性表示食品をご存知ですか?

  5. 薄毛が始まるシグナルってあるの?

  6. これは知っておきたい!睡眠と毛髪の関係

  7. インド料理と髪の毛の関係

  8. 指のどこを使ってシャンプーしていますか?

  9. 良質なたんぱく質、アミノ酸スコアが優秀な食べ物12選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP