注目の記事 PICK UP!

沖縄県の観光スポット6選

沖縄県といえば国内旅行で、人気のある観光自治体のひとつといえます。

実は毎年、沖縄旅行をしている筆者が、マリンスポーツを楽しみたい方も、そうでない方も行けるオススメ観光スポットを6カ所をご紹介いたします。

首里城と玉陵

沖縄の歴史についてカンタンに説明しますと、450年続いた琉球王国(1429~1879年)を経て沖縄県となりました。
しかし1609年には薩摩藩が今帰仁城を落城、首里城を占拠し、徳川家康が琉球の支配を認め、薩摩藩の島津家が統治することになったことから、日本と沖縄のつながりが生まれたといえます。

首里城は、琉球王国の国王とその家族が住む王宮であり、王国を統治する行政機関「首里王府」の本部拠点でもありました。1945年にアメリカ軍の侵攻により全焼しており、今建っている首里城は、復元されたものです。

しかし首里城は、2000年12月に世界遺産として登録されており、れっきとした歴史的建造物です。

首里城へのアクセスですが「ゆいレール」の終点でもある首里駅で下車すれば、徒歩15分ほどで守礼門に到着します。なお首里駅からは路線バスもあり、首里城前のバス停で下車すれば徒歩わずか1分で守礼門に行けます。

入館料金は一般大人820円です。

また徒歩圏内に同じく世界遺産でもある玉陵(たまうどぅん)という、琉球王国第二尚氏王統、歴代国王の陵墓があります。

万座毛

・砂浜からではなく高い岸壁の上から大海原を眺めたい
・象の鼻のかたちをした岩を一目見てみたい
・エメラルドグリーンの海を堪能したい
・東シナ海を一望したい

そんな方にオススメなのが恩納村にある万座毛です。

琉球王朝時代、統治していた尚敬王が「万人を座するに足る」と褒め称えたことがその名の由来です。

駐車場に土産店が隣接していますので、ここでは観光だけではなくショッピングも楽しめます。

沖縄美ら海水族館

海洋博公園内にある沖縄美ら海水族館には、修学旅行生から来日外国人観光客まで毎日、たくさんの方が訪れています。

場所は国頭郡本部町、那覇空港から車で2時間ほどでバスツアーも開催されており那覇市内のホテルに宿泊していても日帰りで楽しめるスポットです。なお今年、開通したばかりの沖縄エアポートシャトルなら、片道2,000円で行くこともできます。

ちなみに往復チケットを購入すれば3,200円となり、片道1,600円での移動が可能です。

チケットは那覇空港内の観光案内所で入手し、国内線ターミナルのバス停①から乗車します。

なおバス車内にはトイレが用意されていないため、恩納村のナビービーチ前でトイレ休憩が設けられています。

それでも乗車前に一度は、お手洗いに行かれておくほうがいいでしょう。

さらに車内での飲食も禁止となっていますので、バスに乗り込んで食事をとろうと考えていた方は計画変更をされてください。

古宇利島

古宇利大橋を渡った先にあるのが、あの嵐のCMで一躍、有名となった「ハートロック」が見える古宇利島(こうりじま)です。

インスタ映えを狙うカメラ好きな方、海や橋の絶景を撮りたい方にオススメです。

ハートロックでは位置によってかわるがわる3つのハートが見れますので、ご自身の目で砂浜を移動しつつ見つけてくださいね。

とくにむずかしいのが“逆さハート”かもしれません。

また古宇利オーシャンタワーに登ると、古宇利島周辺の海を一望することができます。

入園料金は一般大人800円ですが、インターネットでの事前決済で1割引となります。

古宇利島をコースに取り入れているバスツアーもありますが、時間にかぎりがありますので、じっくりとゆっくりと楽しみたい方はレンタカーか観光タクシーでの来訪が無難です。

慶佐次のヒルギ林

東村にある慶佐次(げさし)は沖縄北部にあり、カヌーが楽しめるアクティビティスポットとしても有名なのですが、そのメインはやはりヒルギ林です。

ヒルギは別名マングローブといわれ、とくに慶佐次湾河口付近に生い茂り、その規模は沖縄本島のなかで最大級を誇っています。カヌー体験をしながらはもちろん、遊歩道があるためゆっくりと徒歩で散策しながら楽しむこともできます。

国際通り(那覇国際通り)

沖縄屈指の繁華街であり、お土産を買いつつ食事をするなら国際通りがオススメです。

とくに何でもそろうのが第一牧志公設市場及び周辺で、ラフテーやてびち、島らっきょうなどの郷土料理やマンゴー、スナックパインといった南国フルーツが売られています。

なお国際通りへは那覇市内の各ホテルから家族や友人同士で移動する場合にかぎり、タクシーのほうが若干、安くて便利です。ゆいレールで行かれる場合は「県庁前駅」か「牧志駅」が最寄り駅となります。

国際通りの両端を結ぶように弧を描いてモノレールが通っていますので、県庁前駅で降りたら牧志駅方面に歩く、牧志駅で降りたら県庁前駅方面に歩くことになります。

そのため着いたその日に国際通りに行かれる場合は那覇空港駅から近い県庁前駅で降り、最終日に国際通りに行かれる場合は牧志駅で降り県庁前駅に向かうように計画を立てるとスムーズです。

まとめ

沖縄県のオススメ観光スポットを6つ、ご紹介しましたが、このほかにも魅力的な観光地はたくさんありますのでぜひ、リサーチして楽しい沖縄旅行を計画されてください。

以上、AGAヘッドラインニュースでした!

関連記事

  1. 気軽にできるスポーツ

  2. 男性が8割、風疹にご注意!!

  3. 科学技術って発達してるの?

  4. リニア中央新幹線

  5. iPS細胞についてくわしく

  6. メンタルの不調サイン

  7. 遺伝について

  8. 確定申告マメ知識

  9. 公認心理師とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP